カテゴリ:Sightseeing( 10 )

 

GUGGENHEIM MUSEUM

先週に仕事でシカゴに行きました。シカゴって、五大湖のほとりにある街なのでカナダからの冷たい風がそのまま流れてくるため別称WINDY CITYなんて呼ばれるくらい寒いところなんですけど、華氏70度台!もう春みたいでした。

NYも最近は60度台でしたけど、急にまた寒くなって昨日は雪が降りました。まだまだ油断できない。NYは4月くらいまで雪が降ることがあるので、まだ手袋はしまえませんね。

さて先週の日曜は妻と一緒にGuggenheim美術館に行って来ました!グッゲンハイムってメトロポリタンからも近いのですが、ちょっと影が薄い存在ですね。89丁目の5番街にあります。残念ながら今は外観が工事中でした!
a0040554_3423542.jpg


今は「エルグレコとピカソ展」をやっているので、これは貴重です!もうすぐ終わりなので観光客の人も多かった。
a0040554_3405114.jpg


ここの建物は、ループのようになっていてなだらかな坂をずーっと上がっていくというつくりになっています。その真ん中が吹き抜けになっていまして面白いつくりですね!
a0040554_3442767.jpg


一階に入場券売り場(大人1人$18)、ヘッドホンガイドのレンタル、お土産売り場があります。そしてカフェも併設されていますよ。

少々小腹もすいていたので、まずはカフェでお茶をしました。カウンターでオーダーをして席につくというスタイル。結構人が多かったです。
a0040554_346611.jpg

やっぱり美術館だけあって何でも高めです。サンドイッチで8-9ドルくらい。私たちはパンとジュースを購入し、食べました。

面白いのがエルグレコ&ピカソ展だからなのか、スペイン名物のサングリアも売られていましたよ。美味しそうでしたが、この日は休肝日。お酒に目がない私は後ろ髪を引かれつつ、我慢しました。でもフルーツもたくさん入っていて美味しそうだったなー。

カフェの壁にはたくさんの絵が飾られています。赤い(オレンジ)壁ってパッショネイトで結構好きなんですけど、そこに絵が飾られるとインテリジェンスさも加わってもっと好きです。
a0040554_3505177.jpg


さーここでゆっくりしたところで、ようやくスタートです!

残念ながら館内は撮影禁止なので撮影しませんでしたけど、おもしろい試みがされていました。同じテーマでピカソなんかも含む別の画家の絵を飾って、こんなにも感性が違ってくるのかーなんて感じたりしましたよ。

でもピカソはレベルが高すぎて理解不能です。自分でもかけるんじゃないかなっていつも思いますよ。絵には全く興味がないので、いつも題名を見て、どこが頭なのかな?とか考えながらみます。でもよく見たら、ピカソの描く顔って横向きの顔と正面の顔が両方かかれてました。何でそんなことしたんだろ?表現法ですかね?

今回絵を見ていて絵の良さとかは分かりませんが、こんなことも感じました。よくピカソとかゴッホとかの絵が何億って値段で取引されてますけど、この絵が売られていても自分だったらたとえ2万円でも買わないな。でもピカソの絵だって知ったら、もっと高くなる。これってブランドですよね。絵って一番ブランド力が必要なものなのかもしれませんね。

①基本的に1点もので希少価値がある。②絵を購入する人は、お金に余裕のある人。(売買をする人のターゲットが明確)、③安売りはしない。④なぜか世界中の学校で美術の授業があるので、知名度が抜群。⑤第3者の評価がたくさんあるので、情報に信頼性が増す。

すごいですね、美術って。ブランド育成の必要条件をほぼ完璧にみたしてる。でも自分はチンプンカンプン。そんなお金があったらバッシュとワインをたくさん買いたいです。

つまんない事を描いてしまいましたが、展示も見やすくて、この展示の構成をした人の意図も面白かったです。いい時間を過ごせました。

帰り道は冬のセントラルパークからの西日を浴びながら、気持ちよく歩けました。

☆場所
Guggenheim Museum

1071 5th Avenue,(@89th Street)
New York, NY 10128
Phone 212-423-3500
www.guggenheim.org
[PR]

by koolinnyc | 2007-03-18 04:11 | Sightseeing  

THE CLOISTERS

今日はあのメトロポリタン美術館の弟分のクロイスター美術館について書きたいと思います。
a0040554_13182824.jpg

この美術館はメトロポリタンの弟分というべき美術館です。正式には別館なのですが、メトロポリタンの入場券(バッチ)があれば同じ日ならば入れるんです。ただ結構二つの美術館は距離があるので一緒の日付で行く人は少ないと思いますけど。。。。

もしもMID TOWNから行くのでしたら、Madison Avenueから出ている「M4」のバスに乗ると終点がクロイスター美術館です。ただ、1時間くらいかかりますけどね。

公園の中にあるこの美術館は、入場料は$20を勧めています。でもあくまで入場料は寄付なんです。ちょっと勇気がいりますが、実は1ドルでも2ドルでも大丈夫です。でも何回も来て1年に20ドルくらい払うくらい来ないといけないのでしょうけどね。

この美術館はもちろん展示品もすごいのでしょうけど、その名の通りクロイスター(回廊)が有名なんです。
a0040554_1328784.jpg

ヨ-ロッパで壊される事が決まった多くの回廊やドア、ステンドグラスなどをの部分を購入して、うまくつなぎあわせてあるのでこれが独特な雰囲気なんですよ。このステンドグラスも実は色々な場所のステンドグラスをつなぎ合わせたものだそうです。でもいい風合いですね。
a0040554_13245844.jpg

ここは3つの回廊と外に出るテラスがあります。ここから眺めるハドソンリバーもいい眺めですよ。
a0040554_13292264.jpg

それほど大きい美術館でないので、ゆったり眺めるのにピッタリ。あまりよく分からないですが、キリストの絵や像みたいのが多かった。結構きれいな絵や像がありましたよ。
a0040554_13313472.jpg

神殿もあって、こういうのを捨てる神もあれば拾う神(この美術館)もありなんだなと感じました。
a0040554_13324054.jpg

歩きつかれて、また回廊で一休み。これがゆったりした本当の美術館の楽しみ方なんでしょうね。セカセカと有名なものだけをを見て周るのはもったいない。ゆったり休んで、美術品をゆっくりながめながらその時代背景を想像する。こういう楽しみ方があるんですね。ちなみに私は美術オンチなので全くあてずっぽうで書いていますので間違ってたらすみません。
a0040554_1335537.jpg

M4のバスはハーレム(比較的安全な方)を通るので、そういう風景を見るのも面白いですよ。

ゆったりした週末の一風景でした。

☆場所
The Cloisters
Fort Tryon Park,
New York, NY
Phone 212-923-3700
www.metmuseum.org
[PR]

by koolinnyc | 2006-08-09 13:39 | Sightseeing  

Roosebelt Island

もう4月も終わり。日本はゴールデンウィークですね。いいなー。アメリカはVacationはとりやすいんですけど、いわゆる祝日が少ない。まーそれもいいんですね。

新聞を見るとゴールデンウィーク中は日本の天気はマズマズとのこと。やっぱりいい天気に越したことはないですもんね。みんなどこにでかけるのでしょうかね?

良く考えると1ヶ月前はまだ桜の季節でしたね。もう1ヶ月も経ってしまったんだなー。NYの春は短い。厳しい冬を通り越した春の喜びはヒトシオと妻も言っていました。

というわけで今更ながら、マンハッタン近郊で日本のような桜の見れるスポット「Roosebelt Island」について書きたいと思います。

Roosebelt島は、マンハッタンの隣にある島でマンハッタンのベッドタウンのような場所です。治安も非常に良く、土地も結構あるので日本人もたくさん住んでいるようです。超豪華なマンションが建っていますよ。

どうやって行くのかというと当然バスも通っていますが、一番手頃なのは59丁目の2nd Avenueのところにあるトラムと呼んでいるロープウェイのようなものだと思います。これは地下鉄のチケットで乗ることができます。あんまり乗る機会が少ないのでちょっとうれしい瞬間です。
a0040554_12531481.jpg

でもその翌週の火曜日、このトラムが途中で止まって立ち往生で7時間も閉じ込められたなんて事件がありました。こないだ日本は山手線が止まって大混乱なんてありましたが、NYの交通機関はとにかくよく止まる!でもどうしょうもないのでみんなあきらめモードです。不運だったなーで終わってしまいます。

さて余談が長引きましたが、このトラムに乗っていくとRoosebelt Islandに到着します!川沿いに桜並木が並んでいます。きれいですよね。ここの桜は日本の桜みたいなんです。
a0040554_1258225.jpg

今年の桜は、ちょっと葉桜気味でした。でも十分きれい。日本を思い出す瞬間です。横浜にいた時に家の前の急な坂にきれいな桜があったのを思い出しました。
a0040554_12593237.jpg

ちなみに去年の桜はこんなでした。本当にきれい!
a0040554_1321648.jpg

この日は59丁目にある日本食料品店でお弁当とお茶を買ってプチ花見をしました。ほんとはビール!といいたいところでしたが、公共の場での飲酒は禁止なので純粋に楽しみました。お弁当も美味しかったな。
ちなみにこんな風景を眺めながらたべましたよ。ゆるやかな時の流れです。ちなみに写真には入っていませんけど、左の方には国連本部もみえます。
a0040554_1355195.jpg


結構アメリカ人の人もお花見に来ていましたよ。これも日本文化の影響かな?
[PR]

by koolinnyc | 2006-04-29 13:07 | Sightseeing  

SOUTH STREET SEAPORT

この季節になるとテレビのどこかのチャンネルでだいたいバスケットをやっています。NCAAという大学の選手権が主です。NBAも好きなのですが、このNCAAも大好きです。というのもNBAは試合を面白くするためにゾーンディフェンスを禁じています。が、たくさんの戦術を使えるNCAAの方が見ていて面白い気がするのです。特にチームプレーの多いDUKE大学が大好きで今年は特に応援しています。これからMarch Madnessといわれる終盤戦の激しいシーズンに突入します。楽しみ!

一方で、昨日はNBAのAll Starでした。ワインでも飲みながら、家でゆっくり観戦しようと思ってソファーに寝転がってみていました。シャックのフリースローからのタップダンクや今シーズン1試合で81得点を記録したコービー・ブライアントのプレーなんか見ごたえバッチリでした。

でも、途中で寝てしまったのです。。。ガーン。年に一度の楽しみだったのに、ビデオとっておけば良かった。

さて、今日はSouth Street SeaportというDownTownにあるモールみたいな場所について書きたいと思います。この場所は、以前は魚市場と港だった場所をリノベートして観光スポットにした場所です。
a0040554_7563465.jpg

ここには色々なショップが並んでいます。J・Crewやアバクロなんかもありますし、ミュージアムもあります。またちょっと入るといい感じのバーなんかもありましたよ。夏はパフォーマンスをする人とかも出るみたいです。
a0040554_801249.jpg


さらに東の方に進むと、Pier17という建物が見えてきます。
a0040554_813954.jpg

a0040554_8243933.jpg

この中にもやっぱりレストランやShopが入っています。ここの3階にはフードコートなんかもありますが、ここからの眺めがいいのでオススメです!ブルックリンブリッジがきれいに眺められます!たもとには以前行った「RiverCafe」も見えました。夏には気持ちよさそうですね。
a0040554_835456.jpg


ここでは、メキシカンランチを食べましたよ。安くてボリュームが多いんです。
a0040554_843410.jpg

まずはシュリンプ・ファジータ!チップスも美味しかったですが、皮に包まれていた野菜炒めが美味しかった!懐かしい味わいです。ビールが欲しくなりましたが、妻にとめられました。
a0040554_8195860.jpg


そして、妻がたのんだ何か。Priceless。
a0040554_8194133.jpg

チーズが上に乗っています。これがチョー美味しかった。イタリアンな感じの料理でした。しかも両方とも5ドルくらい。お得でした。

外には船がたくさんとまっています。あとここからマンハッタンの周りを周遊できるサークルラインという遊覧船も出てるみたいですよ。
a0040554_8225220.jpg


あんまり行かないダウンタウンの方でしたが、結構楽しめました!

☆場所
South Street Seaport

12 Fulton Street, (@Front Street)
New York, NY
Phone 212-748-8600

www.southstreetseaport.org
[PR]

by koolinnyc | 2006-02-21 08:27 | Sightseeing  

GROUND ZERO

今日(20日)はPresidents Dayという祝日です。やったね、3連休!

昨日はちょっとDown Townの方に足をのばしてみました。週末は本当に寒くて30度前後。

歩いていて冷えたので、あったかいものはないかなーとうろうろしていましたら、高級チョコレート屋さんのGODIVAのShopを妻が発見!なんかこちらのGodivaにはホットチョコレートがあるというのを聞いていたらしく、昨日はゴディバのホットチョコであたたまりました。
a0040554_22155491.jpg

アメリカではあまり見ない小さいカップでしたが、これで$3.5です。でもチョー濃い!とろーっとした甘くてあたたかいホットチョコを飲んでいると、とても幸せな気分になります。

こっちの人はゴディバではなくてゴダイバと読みます。最初は何のことを言っているのかと思いましたが、Ikeaと同じ要領で、“ I ”をイって読めないみたいです。

さて、今日はグラウンド・ゼロについて書きたいと思います。

日本からのお客さんをアテンドする際に、ちょっと時間が空いて1つだけどこかNYで行きたいところありますか?と聞くとほとんどの人がグラウンドゼロと答えます。

皆さんもご存知の通り、ここは2001年9月11日のワールドトレードセンターの悲劇の場所です。

あの頃は私は横浜にいて、ちょうど雨の日で車で後ろから軽く追突をされて超ブルーになって家に帰ったらこのニュースをやっていました。ほんとに何かの映画かなって思うような映像でしたね。自分も94年にNYに旅行に来たときにのぼっていたので、衝撃は大きかった。

今はこんな状態になっています。
a0040554_22253134.jpg

こんどまた超高層ビルができるという話もありますが、立ち消えになったりまた違うビルを作ろうという話が持ち上がったりしてるそうです。でもここにビルができても、入居する会社とかないんじゃないかな?と思います。自分も入りたくないですもの。
a0040554_22311125.jpg

NYが長い人も多いのでこの時の話を結構聞く機会も多いですが、銀行の方で亡くなった人の話とかを聞くと非常に辛く思います。その人は一度下に下りたけど、とりあえず大丈夫だといううわさが流れて書類をとりに帰ったらビルが崩落して命を落とされたそうです。

今も観光客の中で、献花する人が絶えませんし涙を流している人もいます。

そんな中ですが、着々と復旧は進んでいます。PATHというNJとマンハッタンを結ぶ電車の駅もこんな感じで新しくなりました!
a0040554_2233382.jpg


二度とあの惨劇は世界中のどこであっても繰り返して欲しくありません。そしてできればここはビルはつくらずに平和を願うための公園にして欲しいものです。
[PR]

by koolinnyc | 2006-02-20 22:46 | Sightseeing  

MORNINGSIDE HEIGHTS

今日は前々から行ってみたかった「MORNINGSIDE HEIGHTS」に行ってきました。MORNINGSIDE HEIGHTSとは、UPPER WESTの上のほうでコロンビア大学周辺の地域です。

この辺はどちらかというと教育機関が多いので、観光で行くのは結構マイナーなところです。でも教会や大聖堂もあるし、マンハッタンなのにマンハッタンでないような独特の雰囲気を味わいたくて行ってみました。

①番ラインの地下鉄に乗って116Street駅で降りて、Hudson Riverのほうに向かいます。

最初に行ったのはグラント将軍の墓です。
a0040554_9115759.jpg

グラント将軍は、南北戦争の時のヒーローで18代の大統領となった人だそうです。この人は本当のヒーローだったようで、この立派な建物はなんと9万人もの人からの寄付金で建った建物らしいです。そんなヒーロー日本じゃいないですね。今回は見ませんでしたが、無料で中も見学できるそうですよ!

次に行ったのが、そのお墓の前にそびえたつ「リバーサイド教会」です。
a0040554_916567.jpg

本当は正面玄関から上の展望台に行くことができて、120メートルの高さからハドソンリバーを眺められるそうなのです。これを見たかったのですけど、残念ながら日曜日はお休みでした。

次は「コロンビア大学」へ!宇多田ヒカルが行っていたことやサッチーの経歴詐称疑惑で日本で有名になった大学ですね。実際はアメリカでも有数の名門大学なんですよ。ここは入場は自由なので、近所の人らしい人たちが散歩しにたくさん来ていました。自分が行っていた大学とは大違いで、広くてゆったりした感じ。
a0040554_9204233.jpg

階段に座って本を読む人、子供と遊ぶ人。また今日はいい日差しに恵まれました。
a0040554_9214710.jpg

Amsterdam Ave側にはコロンビア法科学校の校舎も!ここからアメリカを代表する弁護士が生まれてるんですね。
a0040554_9225767.jpg


最後に「セント・ジョン・ディバイン大聖堂」へ。
a0040554_9242131.jpg

一万人を収容できる世界最大のゴシック様式の大聖堂ということです。寄付金($5)で入れます。
a0040554_9272735.jpg

堂内は本当に広く、ステンドグラスがとってもきれいです。
a0040554_9274021.jpg
a0040554_928083.jpg


意外に近いのに、こんなにいいものがたくさんありました。また街並みもボストンみたいで知的な感じです。有名な博物館もいいですが、モーニングサイド・ハイツをのんびり歩くコースもいいですよ!

☆場所
Grant's Tomb
Riverside Drive (at 122nd Street)

Riverside Church
490 Riverside Drive.(bet 120 & 122 Streets)
New York, NY
Phone 212-870-6700

www.theriversidechurchny.org

Columbia University

www.columbia.edu

The Cathedral Church of St. John The Divine
1047 Amsterdam Ave,(@ 112th St)
New York, NY
Phone 212-316-7540

www.stjohndivine.org
[PR]

by koolinnyc | 2006-01-23 09:35 | Sightseeing  

St. Patrick's Cathedral(セントパトリック大聖堂)

にぎやかだった12月が過ぎ去って、NYも本来の落ち着きを取り戻しつつあります。やっぱり、12月は観光のベストシーズンですしね。

この間、MIAMIに行った時、飛行機で隣に座っていたおじさんは、バケーションでNYに来ていたとも言っていたし。わざわざアメリカ人があったかい所から寒いところに来るくらいですから、NYの冬は魅力的なんでしょうね。

確かロックフェラーセンターのツリーももう撤去されてしまったはずです。なんとも寂しいですが、車の渋滞がなくなってありがたいというのも本音です!

さて、今日はNYに戻りたいと思います。

ロックフェラーセンターのすぐ近くで、百貨店のSAKS 5TH AVEの隣にある「St.Patrick大聖堂」について書きたいと思います。

5thアベニューは、高級店が立ち並ぶ観光の人気スポットです。日本でも有名なブランドショップが立ち並んでいます。また観光客も多いのでお店の家賃も非常に高いところでもあります。そのためレストランはこの辺りでは少ないですし、とても混んでいますよ。

そんな通りなのに、いきなりこんな風に堂々とそびえ立つ大聖堂が見えてきます。これがセント・パトリック大聖堂です。
a0040554_22434890.jpg


ガイドによると、1850年に着工されたゴシック形式の由緒正しいカトリック教会で、そびえ立つ2重の尖塔の高さはおよそ100メートルもあるんだそうです!

今まで知りませんでしたが、この教会は中を見学できるんですよ。えっ、みんな知ってました?
私は今回初めて入りました。
a0040554_22484029.jpg

a0040554_22485329.jpg


教会の中は上の写真にもあるとおりで約2500もの座席が並ぶ広大な場所でした。そして幻想的な雰囲気で驚き!えらく古めかしいパイプオルガンや入り口の上にあるステンドグラス。歴史を感じさせます。不思議とこういうところって心が落ち着くのはどうしてなんでしょうね?

NYには近代的な通りにいきなりこういった歴史的建造物があることがよくあります。日本には例えば銀座の街並みにいきなり寺が出現!ということはないですので、こういたミスマッチの風景も隠れたNYらしい風景なのかなと思います。

☆場所
St. Patrick Cathedral(セントパトリック大聖堂)

460 Madison Avenue(bet 49th & 50th St), New York, NY
 ※入り口は、5th Ave沿いにありますのでご注意を!
 Phone 212-753-2261

http://travel.yahoo.com/p-travelguide-2737426-st_patrick_s_cathedral_new_york_city-i
[PR]

by koolinnyc | 2006-01-08 23:00 | Sightseeing  

THE NUTCRACKER (くるみ割り人形)

26日はアメリカは祝日なので、クリスマスの休みが3日間続きます。今日は特に予定もなかったので、妻の提案で「ニューヨークシティバレエ団」の「The Nutcracker(くるみ割り人形)」を見に行くことにしました。

昨日インターネットででチケットを注文したので、当然既に良い席は売り切れでした。でもお互いにバレエを見るのは初めてので、まあいいかと4階の安い席にすることにしました。ちなみにチケットはPEAK(混雑期)とOFF-PEAK(閑散期)の2つの価格体系がありまして、$99-$20までの幅があります。

バレエなんて正直あまり興味もなかったし、体育会系の自分としてはちょっと気持ち悪いイメージさえ持っていたので、あまり期待もせずにLincoln Centerのニューヨークステートシアターに向かいました。

a0040554_8132954.jpg


会場は大盛況で、お子さんを連れた人が多かった!またロビーは広くて、シャンパンやチョコレートなんかも売られていましたよ!

a0040554_8154411.jpg


いよいよ開場となりました!

a0040554_8284230.jpg


くるみ割り人形って、名前しか知りませんでした。皆さん内容は知っていましたか?クリスマスファンタジー系のストーリーなんですね!

クリスマスのパーティーの場面から始まります。パーティーの最中にくるみ割り人形を子供が壊してしまいます。ヒロインの女の子は、壊れた人形を小さなベッドに乗せて、パーティーが終わったあとも介抱してあげます。そのままベッドで眠リに落ちると、そこにくるみ割り人形が現れその女の子をいたずら好きなネズミたちから守りにやってきます。戦いに勝つと、人形はステキな王子様に変身して、女の子と共に夢の旅に連れて行きます。

こんなストーリーです。バレエをなめてました。本当に楽しく、可愛らしく、優雅で、あっというまの2時間が過ぎて行きました。セリフは一切ないのですが、オーケストラによる生演奏とダンサーの表現力がすばらしい。まさにクリスマスにピッタリの舞台でした!

妻は感動のあまり途中休憩のときに、オペラグラス(6ドル)とくるみ割り人形(10ドル)、そしてパンフレット(10ドル)を買っていましたよ!

a0040554_832697.jpg
a0040554_8321529.jpg


あまりの素晴らしさに、また来年のクリスマスも来ようと心に決めて出てきました。安い席でも十分楽しめます。ミュージカルもいいけど、バレエもいいですよ!本当に。

外に出ると、Lincoln Centerのツリーがキレイでしたよ!

a0040554_8344783.jpg


☆場所
New York State Theater at Loncoln center

140 West 62 - 66 th Street,(bet Columbus and Amsterdam Avenues)
New York, NY 10023
Phone 212-870-5570

http://www.nycballet.com/nycballet/html/tickets_nutabt.html
[PR]

by koolinnyc | 2005-12-27 08:37 | Sightseeing  

THE FRICK COLLECTION

昨日は金曜日でしたが、会社は休みでした!木曜日から4連休です。ちょーうれしいー!

芸術にもたまには触れてみようかと思い立ち、観光ガイド雑誌をパラパラとめくってみました。あまりメジャーなところに行くと観光客でいっぱいかと思い、本当はハドソンリバーを眺めにでもクロイスター・ミュージアムに行ってみようかと思いましたが、ちょっと遠かったので比較的近くのThe Frick Collectionに行ってみることにしました。

あんまり聞いたことがないかと思いますが、メトロポリタン美術館から10ブロックちょっと南にくだるとある美術館です。Henry Clay Frickさんという方が収集した美術品を、彼の死後に邸宅を美術館として増改築して、一般公開されているところらしいです。

a0040554_0105973.jpg


70丁目にある入り口を抜けて窓口へ。15ドルの入館料を支払います。窓口の手前に無料のクロークがありますよ。

館内に入場すると、音声ガイドを無料で貸し出してくれるコーナーがあります。日本語のガイドもありましたのでお借りしました。

このガイドが優れもの!私は全くの美術オンチで、知識が全くありませんしどんな絵がいいのかとか分かりません。でも音声ガイドは、絵の説明はもちろん、描かれたときの時代背景や書かれている人の紹介も説明がなされていて、深い部分も知ることが出来ました。

a0040554_0341673.jpg


絵のオンチの私でも好きな世界的に希少なフェルメールやエル・グレコ、ミレーなどの絵もありました。また各部屋がとてもきれい。館内をあるいているだけで、別世界に来たみたいになります。

この美術館のいいところはあくまでもFrick氏の要望を忠実に守っている点で、ほとんどの作品はガラスなどのカバーはかけておらず、そのまま見ることができます。なので、服やカバンで誤って作品を傷つけることがないように脱いだ服を手で持つことや大きなカバンの持ち込みは禁止です。また10歳以下のお子さんの入場は不可。

もうひとつ彼の遺言で、ここの作品は他の美術館への貸し出しはしてはいけないらしいです。つまりここでしか見れません。そのためか写真撮影は禁止です。監視員さんが厳しく見ています。

丁度この時は世界的な肖像画家であったらしいHans Memlingの展覧会が開催されていました。ルーブルをはじめとするヨーロッパの美術館から彼の作品が一同に勢揃い。なんとも贅沢です。

また館内には庭園もあり、ゆったりくつろげますよ。庭園の近くにはコンサートホールもあり、月に何回かピアノなどのコンサートも開催されるようですよ!

芸術に触れて、ちょっと優雅な気分になった一日でした!

帰り道で、ラルフの前を通るとイルミネーションがキレイでしたので、オマケです。

a0040554_035243.jpg


☆場所
The Frick Collection

1 East 70th Street(bet 5th and Madison Ave),
New York, NY 10021
Phone 212-288-0700

www.frick.org
[PR]

by koolinnyc | 2005-11-27 00:42 | Sightseeing  

Central Park

今日はこれといって用事もなかったし、紅葉がそろそろキレイだろうということで、妻とセントラルパークに散歩に行ってきました。

セントラルパークはご存知の通り、マンハッタンの中央にあるとてつもなく大きい公園です。NYの人たちのオアシスのような存在のようです。

夏にも近所のデリでランチを買ってレジャーシートを持ってランチ&昼寝に行きました。そのときはまだ暑いかったので、広場でみんな日光浴やフリスビーなどのスポーツをを楽しんでいましたね。下の写真は夏のセントラルパークです。

a0040554_9122353.jpg


今日行ってみると、見事な紅葉でした。観光客も多く、みんなくつろいでいました。この分だとThanks Giving Dayくらいがちょうど見頃かも。。

a0040554_923723.jpg


池から5th Avenueの方向でとった写真。キレイでしょう!

a0040554_9161312.jpg


今日は本当にのんびりNYの秋を満喫できました。

帰りにロックフェラーセンターを覗くと、クリスマスツリーの準備の最中でした。今年の木はニュージャージー州から選ばれた木らしいです。点灯式は今月末ですから、急ピッチで進めていることでしょう。

a0040554_920845.jpg


ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの点灯式が過ぎるといよいよ本格的にクリスマスモードになりますね。
[PR]

by koolinnyc | 2005-11-14 09:22 | Sightseeing