カテゴリ:NY Restaurant( 114 )

 

DEBASAKI RESTAURANT

きのうのツリーの点灯式テレビで見ましたが、きれいでしたね。今日、たまたま前を通る機会があったので見たのですが、きれいでしたよー。忙しくて写真を撮る暇がなかったのですが、こんど機会があったら撮りますね。

今年のツリーの電飾は発光ダイオードを使用しているそうで、前年の35%の電力で輝くのだそうです。京都議定書にサインをしていないアメリカなのですが、エコロジーを考えてくれていていい傾向ですね。ただ、そういう情報が頭にインプットされてしまったからなのか、去年よりもちょっと暗く感じました。昼間だったからでしょうか?

いずれにしてもすごく楽しみな企画です。しばらく楽しめます。

私事でなんですが、ちょっと今気が引き締まっています。仕事でとある事があり、ますます自分の力が試される事となりました。英語がまだまだですが、せっかくのいい機会なので現地の人と今まで以上に話す機会も多くしようと思っています。本当に悔しい事なのですが、英語がうまくしゃべれないとアメリカのビジネスマンはその人は学がないと判断するような傾向があります。これで来たばかりの頃はかなり悔しい思いをしました。ちきしょー、こいつら日本語一言もしゃべれないくせにーって何回も思いましたね。

今は開き直ったのもあって昔ほど悔しい思いをする事はありませんが、やっぱり突然のパーティーでの英語の挨拶を求められた時とか、アメリカ人だけのMeetingに入らされた時は僕はあがり症なのもあってドギマギしますね。んー、小心者です。

この一年で英語スキルアップしたいです!

さて今日は最近Flushing地区にできた手羽先のお店「Debasaki Restaurant」について書きたいと思います。

Flushingは以前にも何件か紹介した事がありますが、台湾系のChineseと韓国人の多く住む場所です。ほんとうにこのエリアは、漢字とハングル文字をよく目にしますので、アジアにいるみたいです。このエリアにあるMain Streetを通りNorthern Blvdを越えた方に最近名古屋風の手羽先店ができました!

非常におしゃれな店内でまるでクラブのようです。また清潔感あふれる店内なので、主に手羽先を食べながらお酒を飲むバー感覚での利用が多いみたい。またChineseやKoreanは既に2ndか3rd Generationのため、見た目はアジア人でも中身はアメリカ人ですので、そういう人をターゲットにしたおしゃれなお店もいっぱいあるんですよ、実はこの辺。
a0040554_8572581.jpg

a0040554_857402.jpg

このお店のオーナーはアルゼンチン育ちの韓国人。なので話せるのは英語・韓国語・そしてスペイン語というトリリンガルです。でも日本の名古屋にもしばらくいたそうで、その時の手羽先の味が忘れられなくてNYにこの店を出そうと思ったらしいですよ。何でもその時に日本の人にすごく親切にしてもらったそうで、日本が大好きなんだそうです。それで話しかけてもらいました。

とりあえず手羽先をオーダ-。4種類味がありますよ。実は韓国人の経営ということで手羽先の味をかなりなめていました。ところが、うまいのです!特にノーマルの手羽先は名古屋の手羽先に引けをとりません。すごい。そして懐かしい。
a0040554_94877.jpg

手が汚れた時用に、ウェットティッシュも完備。こういう至れり尽くせりなのはアメリカではあまりないので、これも心地いい。

また韓国料理も一通り揃っているので、ぴりからさも手伝ってビールも進んでしまいました。

値段も高くないので、これから年末パーティーでも重宝しそうなお店でした。

☆場所
Debasaki Restaurant

33-67 Farrington Street,
Flushing, NY 11354
Phone: 718-886-6878
www.debasaki.com
[PR]

by koolinnyc | 2007-11-30 09:14 | NY Restaurant  

THE WATER CLUB

今日はロックフェラーセンターのツリーの点灯式。サンクスギビングデーの夜には既にサンタクロースがらみの映画がたくさんやっていて、なんだよもうアメリカ人はクリスマス気分なのか!と思っていましたが、これで僕も本格的にクリスマス気分全開になれます!

道端のツリーの木の露店も出始めましたよ。今年は早めに小さくてかわいい木を買おうかと思います。

話は変わりますが、この間実家の姪っ子と話をしてましたら、次のような事を言っていました。

「このあいださー、こたつで寝てて起きたら隣でお兄ちゃん(私のことです)が座ってたんだよねー。あれは確かにお兄ちゃんだったからさー、帰ってきたんだと思ったんだよねー。でも違ったみたい。」

すごく怖くありませんか?これってドッペンゲルガーっていうのでしたっけ?もしかしたら僕とそっくりの分身が日本をうろついてるのかも?この人と会うと死んでしまうんですよね、確か。背筋がゾッとしました。

まあ僕に似た人はけっこう多くて、こないだもコリアンタウンの豆腐がおいしいお店(名前忘れました)で僕そっくりの人がウェイターをしていたそうです。微妙。。。。

さて今日はManhattanの眺めのいいレストランとして有名なThe Water Clubについて書きたいと思います。
a0040554_8424372.jpg

NYの眺めがいいレストランと言うと以前ご紹介したRiver Cafeが断然有名ですけど、あそこはBrooklynにあるので旅行者ですとちょっと行くのに勇気がいりますよね。時間もかかりますし。でもこのRestaurantは30丁目のEast River沿いにあるので、比較的行きやすい場所にあります。

ただ電車で行こうとすると、ちょっとめんどくさいです。East EndのFDR Driveという高速の下を渡るのが非常に面倒なので、一番いいのはタクシーに乗って普通のようにクロスストリートを伝えるのではなくて「Go to the Water Club Restaurant, please!」というのが一番楽です。かなり有名なレストランなので、大概のタクシーの運ちゃんは知っています。

外にはクルーザーが並んでいてマリーナのよう。そして店内に入ります。店内にはピアノがおいてあるWaiting Barがあってムードもばっちり。丁度僕が行った時は生演奏をひいていました。贅沢な気分になりますね。

そして予約してある旨を伝えるとにこやかに席に案内してくれました。眺めも結構いいですよ。残念だったのが僕が行った時は曇りだったことです。これが晴れてればもっときれいかもしれませんね。
a0040554_8504587.jpg

ワインはオーストリアのグリューナー・フェルトリナーをボトルでたのみました。この白ワインはキリッとしていてすごくすっきりと飲めるワインですよ。

シーフードが有名なので、生牡蠣とコンソメスープをオーダーしました。アペをついつい食べ過ぎてしまうとアントレにひびきますので、軽めに!が日本人には基本です。生牡蠣はやっぱりおいしいですよね。
a0040554_8524143.jpg

そしてメイン。チキンとサーモンです。見た目以上に味がおいしかったですよ!
a0040554_856794.jpg

a0040554_8562150.jpg

やっぱりアントレを少なめにしておいてよかった。デザートの分もおなかを空けないとですからね。
a0040554_8571041.jpg

a0040554_8572135.jpg

周りはカップルが断然多かったですけど、会社関係と思われるDinnerなども多かったです。またサービススタッフの対応も非常によかったのが印象的でした。ワインもちょっとグラスが空くとすぐに注ぎに来てくれますし。これってやっぱりうれしいサービスです。

誰か日本から来た時にでも連れて行ったら喜んでくれそうなレストランでした。

☆場所
The Water Club

500 E 30th Street
New York, NY 10016
Phone: (212) 683-3333
http://www.thewaterclub.com/
[PR]

by koolinnyc | 2007-11-29 09:02 | NY Restaurant  

TIA POL

NYもようやく寒くなってきて、時間も冬時間になって、冬に向けて準備万端です!朝、家を出た時のキリッと冷えた空気を吸うと、シャキっと身が引き締まる気がします。これもNYの魅力ですね。

こんな生半可なことを言っていられるのは今のうちで、これから極寒の冬になるわけですが、街は12月のクリスマスに向けて盛り上がってきています。先日、妻と会社帰りにBroadway MusicalのManma Mia!を見に行ったのですが(すごく面白かった!)、その途中で既にクリスマスのデコレーションがされているところがあって、すごくきれいでした。これからもっときれいになっていきますね。

ところが最近のNYのホテルは異常に高い。観光客にとっては痛いですよね。Manhattanでは安くても1泊300ドルは覚悟。ちょっと名の知れたホテルでは500ドル以上になってしまいます。これからManhattan内で9000室増える予定があるそうですけど、それでもホテル料金が安くはならないのでしょうね。高級コンドミニアムやホテルらしきものがいっぱい建ってきています。この10年で大分NYの風景も変わりそうです。

さて今日はNYでも流行ってきているSpanish Tapas Barの「Tia Pol」について書きたいと思います。日本でも流行ってるんですよね、確か。「居酒屋 天」のとなりです。
a0040554_9374758.jpg

ここは場所的にはMeet Packingから10th Avenueを北にあがったところにあります。決して治安のいい場所ではありませんが、若者に人気のあるクラブやレストランなどが立ち並んできています。

店内は奥に細長いつくりになっています。手前はBarで奥にテーブルがあります。席数も少ないこじんまりとした店です。壁のブリックが味わいを出してますよねー。いい雰囲気。
a0040554_941174.jpg

やっぱりここに来るとピッチャーサングリアをたのみたくなってしまう。。。僕は大きいのがすきなのです。ビールも大ジョッキ、サングリアはピッチャーで!角切りのフルーツが漬け込んであるので、これを食べるのも行儀悪いかもしれないけど好きです。

ちなみにワインも手頃なのが揃ってますよ。迷っているとボトルを持ってきてくれて、ラベルを見せながら説明してくれます。ということでワインもたのんでしまったのがばれてしまいました。

料理もエビをソテーしたものや、サラミ・生ハムなどおつまみにぴったりの料理がたくさん!味もすごくおいしいですよ。友達とワイワイ ガヤガヤしたいときに最高です。
a0040554_9435488.jpg
a0040554_944455.jpg


小さいお店なので大人数には不向きですが、4人くらいで集まるにはもってこいのお店ですね。

☆場所
Tia Pol

205 10th Ave(@23rd Street)
New York, NY 10011-4719
Phone: (212) 675-8805
http://tiapol.com/
[PR]

by koolinnyc | 2007-11-08 09:48 | NY Restaurant  

FINANCIER

NYを歩いていると、犬の散歩をしている人を本当によく見かけます。うちはオーナーさんとの契約で残念ながら認められていないので飼えませんが、飼っている人もすごく多いのです。犬もみんなおとなしくて、お行儀がいいのにもすごく驚きます。みんなおりこうに散歩しています。

それもそのはず。間違えて誰かを傷つけてしまったり、他の犬を怪我させてしまったりした時には訴えられて高い賠償金を払わなくてはいけない可能性があるので、犬のしつけ教室に通わせたりするのです。家の近くにもDoggy gymがありますよ。

また当たり前なんですけど、交通機関も結構厳しいのです。地下鉄やバスは盲導犬などは別なんでしょうけど、基本的に動物用のバッグに入れないといけません。でもタクシーは運転手の判断で大丈夫みたい。たまにイエローキャブから大きい犬が出てきたりしてビックリすることがあります。

そして公園もDog Runのあるところ以外では基本的にヒモをつながなくてはいけません。罰金が課せられます。セントラルパークも朝の一定の時間はヒモでつながなくても大丈夫ですが、その時間を過ぎると罰金!みんなわきまえているようで、それとなくその時間になるとヒモをつないでいます。

しかし、犬ってなんで形も大きさもあんなに違うのにお互いのことが分かるのでしょうか?不思議ですね。

さて今日はWall街のあたりにある妻のお気に入りのカフェ「Financier(フィナンシェ)」について書きたいと思います。
a0040554_8242948.jpg

Wall街はManhattan島の一番南の方にあります。Ground Zeroもすぐ近くです。このあたりって正直いいお店が少なくて、食事をするのもちょっと困ります。なぜかというと昼でこそWall街で働く銀行・証券マンの人でいっぱいになりますが、夜は人通りが少ない、というか夜のWall街はちょっと危ないので観光客は歩いてはいけませんといわれているくらいです。そのため商売が難しいのでしょう。

そんな中ですが、結構レストランが集まっている場所もあります。その一角にこのお店もあります。店内は明るくて可愛いお店ですよ。
a0040554_831269.jpg

ここの名物はその名の通り「フィナンシェ」というお菓子です!ここのうれしいのはコーヒーなどをたのむとフィナンシェが1つついてくるところ。おみやげ用にこんなBOXも売られています。すごくおいしい上に値段も本当にお手頃なのでみんなに試してもらいたいな。
a0040554_8333349.jpg

もちろんケーキなどのデザートも揃ってますよー。
a0040554_8352650.jpg

わたしたちは休みの日に行ったのですいていましたけど、平日はビジネスマンの束の間のブレイクの場として、そしてサンドウィッチなどのランチもそろっているので、ランチの場としても人気のお店のようです!

これからの季節、自由の女神を見たあとに暖をとるお店としても使えそうですね。

☆場所
Financier -patisserie-

62 Stone Street,
New York, NY 10004
phone: 212-344-5600
www.financierpastries.com
[PR]

by koolinnyc | 2007-11-04 08:41 | NY Restaurant  

BREAD TRIBECA

もうすぐハロウィンなので、街中は変な仮装をした人たちがあるいています。ハロウィンはなんであーいう格好をするのかは不明です。11月1日が死者がよみがえる日みたいなのがあるらしく、それを追い払うか何かのために、レストランや庭などはパンプキンと骸骨を置いたり、くもの巣風のデコレーションをしたりしてちょっと怖い雰囲気にしています。日本で言うとお盆でしょうか?

それにちなんでか、TVでは最近ホラー映画を頻繁にやっています。日本人の感覚からすると怖い話は夏の定番ですけど、アメリカ人やヨーロッパ系の人にとってはハロウィンの時が怖い話をする定番なんですね。

家の妻がアメリカ人のおばあちゃんと話をした時に、何でアメリカ人はハロウィンの時に怖い話をするのか?と先日きいてみたそうです。そしたら日本人はいつ怖い話をするの?と聞かれて、夏が定番ですと答えたらすごく不思議な顔をされて、どうして?と聞かれたそうです。それで、夏は暑いから怖い話をしたり映画を見たりして涼しくなるんだよと答えたら、結構ウケていたそうです。僕たちの方が変なのでしょうか?

さて、今日はTribecaにある有名なイタリアンのお店「Bread Tribeca」について書きたいと思います。TribecaでもCanal Streetに近いほうにあります。
a0040554_1583341.jpg

Tribecaって、Wall街に比較的近いし結構家賃も高いので、NOBUやMEGU、Bouleyなど高級店がたくさんあります。そうお金持ちが多いのです!また見た感じヨーロッパ系の人が多く歩いている気がします。そしてブランドショップも最近結構見かけます。お洒落な人も結構多い場所です。

そういった場所にあるのですが、このお店も多分元はレストランではなかったのでしょう。店内に入ると天井が高くてあまり仕切りのないオープンな感じにびっくりします。
a0040554_22310.jpg

受付でにこやかな女性が席へと案内してくれます。この日は別の席で、妊娠している女性の友達が出産を前祝するベイビー・シャワー・パーティーをやっていたようで、奥の席は女性で賑わっていました。

まずはワイン!ワインの品揃えもけっこう手頃なものが多くて驚きます。まずはスパークリングワインをオーダーして乾杯です。

前にも一度来たことがあったのですけど、料理がすごく美味しい上に、おもったよりも値段がリーズナブル!今日は数人で集まったので、何品かオーダーしてシェアすることにしました。

まずはオクトパスです。とってもやわらかくて、もっと食べたいと思った料理でしたよ!
a0040554_273382.jpg

これは最近僕がはまっているアルグラ(ルッコラ)のサラダです。アルグラのあの後に残るほろ苦い味が最近むしょうに好きなのです。
a0040554_2102229.jpg

フライドカラマリ(イカ)です。結構お洒落に出てきますし、お酒のおつまみに最高ですね!
a0040554_2111217.jpg

そしてピザです。薄い生地のピザにはやはりシンプルなトッピングが相性がいいと思います。
a0040554_2121770.jpg


実はもう一本ワインも別に楽しんでしまって話に花が咲きました。

お会計も思うよりも比較的お手頃で、よかった。

くつろいだ雰囲気で、ゆったりと話をしたいときにとてもいいお店です。

☆場所
Bread Tribeca
301 Church St (@Walker street)
New York, NY 10013-2403
Phone: (212) 334-8282
http://newyork.citysearch.com/profile/38055715/?brand=smx_restaurant-nc
[PR]

by koolinnyc | 2007-10-29 02:19 | NY Restaurant  

BREAD

NYに住んで丸3年が過ぎて大分NYにというかアメリカに馴染みきっている私なのですが、それでもできないことがあります。それは、こっちのタマゴを生で食べること。やっぱりお腹をこわすのがこわくて、生でたべるのはちょっと躊躇します。

日本に帰ったときにまずしたかったのが、タマゴかけごはん。あったかいごはんに新鮮な生卵を割って、醤油をかけてまぜる。そしてほうばる。書いてるだけでおいしそうです。

でもデータで見てみると、日本は100万分の1の確立でタマゴに当たるらしいのが、アメリカでは10万分の1の確立で当たるらしい。ということは、あんまりかわらないということです。

実際、けっこうこっちの長い人は平気で生卵を食べています。僕の中で、この人はアメリカにすっかり馴染んでるなーという判断基準のひとつがここなのです。結構当たってる気がしますが、いかがでしょう?

さて今日はNOLITA(North of Little Italy)にあるBREADというお店について書きたいと思います。
a0040554_1215048.jpg

この店は知人に教えてもらったお店ですけど、Paniniの美味しいお店なのだそうです。さすが名前の通りBreadですね!

店内はホントにイタリアのカフェっぽい感じです。行ったことないですけど。でもちょっとお洒落で、コーヒーを飲みながら午後のひと時を楽しんでいる人でいっぱいです。またお洒落系の人が多かった。
a0040554_127024.jpg

本当はPaniniを食べたかったけど、この時はお腹がいっぱいだったのでティラミスをオーダーしたのですが、残念ながら売り切れ! しょうがないので、チーズケーキをたのむことにしました。
そして妻はカフェラテをたのみました。
a0040554_12101633.jpg

チーズケーキはもちろんコッテリ系の美味しいチーズケーキでした!その上フルーツがたっぷり。お得な感じです。
またかわいかったのがカフェラテ。何かの瓶なのかな、この形。こういう気取ってない感じが、またものすごくお洒落な感じがします。量もタップリで、しかもなんだか超美味しい。かすかに何かのフレーバーがしていて、これがイタリアのカフェなのかな?

本当にパニーニが食べられなかったのが残念でしたけど、また行く機会があれば食べてみたいですね。

☆場所
Bread

20 Spring St, (bet Elizabeth & Mott Sts)
New York, NY 10012
Phone: (212) 334-1015
http://nymag.com/listings/restaurant/bread/
[PR]

by koolinnyc | 2007-10-25 12:22 | NY Restaurant  

SHAKE SHACK

アメリカの謎の一つに洋服の大きさがあります。イメージ的にアメリカ人って大きいイメージがあるし実際日本人の想像以上に大きい人が多いのは事実ですけど、街中ではけっこう小さい人を見かけます。ところが、デパートや洋服屋さんに行くと小さい服があんまりないのです!

僕は体格がアメリカサイズなのでいいのですが、妻がかなり文句を言っています。なぜか小さい服はないですし、あってもすぐに売切れてしまっています。

そうなのです。アメリカは体格が大きい人に優遇された国なのです。絶対に比率的に体格のいい人の服が多い傾向にあります。

その原因は何なのか?と、このあいだぼーっと通勤電車の中で考えていたら、分かりました。アメリカの太っている人は傾向的に貧しい人が多いのです。これはデータで証明されています。安くて栄養価の高いハンバーガーやピザなどを毎日食べている人が貧困層に多いので太ってしまうわけです。

そういう人はどこで洋服を買うかというと、既製品の安い服。一方、ボーナスを何億円ともらうWall街のお金持ちの人はオーダーメイドや超高級服店。なるほど、既製品の服はある一定以下の人たちをターゲットに作っているのですね。日本では貧富の差があまり少ないので、分かりにくい構図です。

そうそう人間って年収何億円かの高収入になると、全てのものがただに感じられてくるそうです。うらやましい。でもそういう人たちがうようよするManhattanですから、そういう仕分けができるんですね。

さて、今日の一言はこれくらいにして今日の話題「Shake Shack」について書こうと思います。
a0040554_12225615.jpg

ここのお店は、お店というかお店でないというか。。。というのもMadion Square Parkという公園のなかにあるハンバーガー屋さんなのです。

というわけで、席は全て外の席です。なので、寒い冬は閉まってしまいます、多分。いわば季節限定のハンバーガー屋さんです。

そう聞くとあまり味はたいしたことがないのかなー?と思ってしまいますけど、すごく美味しいらしい!期待を膨らませて並ぶことにしました。午前11時くらいに行ったので、まだ列が長くなかった。ラッキー♪普通は1時間くらい並ぶこともざらでないようです。

ようやくオーダーになりました。僕たちは、Shackburger($4.75)とDouble Shackburger($7.00)とポテト、そしてArnold Parmerという飲み物をオーダー。Arnold Parmerってレモネードアイスティーのことみたいです。ちょっとお洒落ですね。ポケベルみたいのを渡されて、待ちます。

そしてようやくできました!おいしそうでしょ。
a0040554_12314150.jpg

そしてこちらがDouble Shackburgerです!
a0040554_12324527.jpg

個人的な感想ですけど、NYにきて一番美味しいと思ったハンバーガーでした。パンも柔らかくて、肉も香ばしくて美味しい。あと野菜もシャキシャキです。

こんな美味しいハンバーガーをこんな気持ちいい空間の中で食べられるって、ある意味贅沢かも。気持ちいい、日曜日のブランチです。
a0040554_1130321.jpg

またここは夜も夏は11時くらいまでやってるし、しかもお酒も販売されています!難点は、トイレがないこと。だからMidTownに泊まることができれば、ここでビヤガーデン気分をこころおきなく楽しめる。ステキです。

もう一回、ここのハンバーガーを食べたいって書きながら思ってしまうお店でした。

この日は、Lower East Sideでイタリア人街のFestaの日でしたので、遊びに行ってみました。すごく賑やかなFestaでした。
a0040554_1240153.jpg

ヘビ女という見世物小屋があったので、1ドルはらって見に行ったらインチキでした。思わず苦笑してしまいました。こういうインチキな感じもイタリアっぽくて面白いですね。

☆場所
Shake Shack
Southeast corner of Madison Square Park,
near Madison Ave. and E.23rd St.
Phone 212-889-6600

http://shakeshacknyc.com/index.html
[PR]

by koolinnyc | 2007-10-24 12:42 | NY Restaurant  

McSorley's Old Ale House

7月4日はアメリカの独立記念日です。アメリカ人はこの休みの前はみんなちょっとウキウキしてます。バーベキューをしたり、花火をみたりおのおので計画を立ててこの日を待つのです。

お店でもお祝いするためのアメリカの国旗のようなデザインのTシャツや帽子とかいろんなものが売られています。こういうセンスって日本人に無いので、結構面白いですね。

ただ心配なのが、イギリスでテロみたいのが起きてる事。7月4日はアメリカの重要な日なので何も起きなければいいけどなんてちょっと思っているこのごろです。

さて今日は、East Villageにある有名なアイリッシュバー「Mcsorley's Old Ale House」について書きたいと思います。
a0040554_10524323.jpg

ここはすごく有名なバーなんです。何が有名って???なんと創業以来、掃除をした事が無いバーなんだそうです!でも歴史を感じさせる店内はいつも賑やか。

店内を入ると独特のにおいがしますが、そんなことは構いません!ビールを片手に話をしているアメリカ人でいつもいっぱい。床には掃除のかわりなのか、オガクズがまかれています。

この店はビールは2種類しかありません。レギュラーかダーク。それが下の写真のようになぜか1つ頼むと2つの小さいジョッキに入って出てきます。これがうまい!僕はダークのほうが好きです。 2つのジョッキという意味の分からないところも好きです。
a0040554_10572194.jpg

バーでは隣の人とも仲良くなるチャンスなので、隣で一人で飲んでるおっちゃんに声をかけてみました。このおっちゃんはここに来続けてもう30年とのこと。もう常連ですね。このおっちゃん曰く、30年のうちで変わったのが1つだけあるとの事。何かと思ったら、昔はくもの巣がいっぱいだったけどくもの巣が無くなった、それだけだって言ってました。窓のサンとかに積もっているホコリをみるとしっかりと掃除はしてないけど、くもの巣をとるのだけはしたみたいですね。
a0040554_111533.jpg

そして、年代物の木の冷蔵庫の上にある椅子をみてごらんって言われました。彼も本当か分からないけど、リンカーン大統領がこの店に寄贈したいすだって誰かが言ってたよ、ですって。ちょっとビックリですね!うそっぽいですけど。。。

またここは昔は女性の入店禁止だったそうで、トイレが女性の方は明らかにつけたしです。それで前に訴えられた事があるらしく、その時の記事が壁に貼られています。こういうセンスも面白い。今は女性もたくさんビールを飲んでますのでご安心を。

ここはそういう歴史が感じられて気さくなアメリカ人たちが集う貴重な場所なのです。ちょっと分かりにくいところにありますけど、NYに来たらみんなに行ってもらいたい古きよきアメリカが体感できるお店でした!

☆場所
McSorley's Old Ale House

15 East 7th Street (bet 2nd and 3rd Avenue)
New York, BY 10003
Phone 212.474.9148
http://www.mcsorleysnewyork.com/home.html#
[PR]

by koolinnyc | 2007-07-04 11:07 | NY Restaurant  

CORNER CAFE & BAKERY

土曜日は朝早起きをして、Central Parkへ直行!

なぜって?

実は毎年夏になると、セントラルパークのDERACORTE THEATREという場所で、ある一定の期間"Shakespere in the Park"という無料のシャイクスピアのオペラのチケットが配布されるのです。
a0040554_10433617.jpg

このチケットを求めて、毎年たくさんの人が並びに来ます。ちなみに配布されるのは毎日午後1時から。このチケットをGETするためには、最低でも9時から並び始めねばなりません!昨年も並んでみたんですけど、ちょっと遅すぎた。というわけで今年は8時30分くらいに行くことにしました。

みんなシートや椅子などを用意して、早い人ですと午前4時くらいから並び始めるみたいです。みんな飽きないようにトランプや本、パソコンまで持ってきてる人もいましたよ。自分も本とかi-podとかを持って対策万全!こんな感じで並んでます。
a0040554_10483328.jpg

途中で妻にちょっと肌寒かったので、コーヒーや上着を持ってきてもらったりして、ようやく取れました!やったー♪4時間ちょっと並んだ甲斐がありました。。 ギリギリでしたけど。。。。
今回の題目は「ロミオとジュリエット」。見てみたかったオペラです。
a0040554_10524219.jpg

夜8時からの公演なので、また夜に再度会場へ行きました。残念ながら写真は不可でしたが、シアターは屋外なので始まった頃はまだ明るいんですけど、段々と暗くなっていって本当にいい雰囲気。舞台も迫力満点です。最初は演出で普通の会話みたいでスラングやジョークも交えてのかなりいいテンポで正直半分意味が分かりませんでしたけど、途中からは元のセリフのようになっていってくれたので結構分かりやすかったです。

本当にいい雰囲気なので、またヒマな週末があったら並ぼうかなって思います。

さて今日はUPPER EASTにあるカフェ&ブランチのお店「Corner Coffee & Bakery」について書きたいと思います。
a0040554_1113338.jpg

ここはUPPER EASTのなかでもけっこう上の方にあります。スタバをはじめとするチェーン系のお店が増えている昨今ですけど、こういったブランチができるカフェは結構住宅地では重宝されているようですね。昔はYURA Bakeryという結構有名なカフェだったようですが、最近このお店に変わりました。

このお店は、入って左側はサンドイッチなどが売られているデリコーナーとなっています。種類も豊富で結構おいしそうでしたよ。そして右側はレストランになっています。

レストランは家族やカップルでいっぱい。みんな家族のブランチを楽しんでいます。

私はパストラミサンドをオーダーです。肉を薄切りにしたパストラミサンドは結構たくさんありますが、ここのは面白い。オニオンの薄切りをフライにしたものがはさんであります。これがサクサクで食感が最高!結構パストラミサンドは最後の方が飽きるんですけど、これは食感が新鮮で飽きませんでしたよ。
a0040554_11463561.jpg

妻はフレンチトーストです。ちょっと焦げていますがこれもご愛嬌。バナナとメープルシロップの相性は最高です。
a0040554_11482282.jpg

そしてもちろん飲み放題のコーヒーをすすりながら、ゆっくりとしたブランチはいいですねー。

☆場所
Corner Cafe & Bakery
1645 3rd Ave,(@92nd Street)
New York, NY 10128
[PR]

by koolinnyc | 2007-06-25 11:51 | NY Restaurant  

BUDDHA BAR

33歳になってから、あまりついていません。あまりに仕事でトラブル続きなので厄年なのかなって思って調べたら、まだみたい。ただ単にツキがない時期のようです。

結構サイクルというか、そういうのってありますよね。何も無い時には本当に何も無くて、トラブルがあるときには更にトラブルが続くって。いや、よく考えると自分の責任なのか?トラブルが多い時期には、やはり油断が多いのか?いつも仕事は気を引き締めてやらないといけません!

なーんていっても欠点や油断のない人のところには人が集まってきませんからね。そこが人の愛すべき所ですし。まー今くらいがちょうどいいのかなーと超自分にあまあまな考えで最近過ごしているのでした。

しかし早くいいサイクルになって欲しい。。。

さて、今日は先日会社のイベントで訪問した最近超人気のお店「BUDDHA BAR」について書きたいと思います。

このお店はやっぱりMPDにあります。入り口がちょっと分かりにくいですが、以前ご紹介したPastisの横の通り( Little W 12th Street)にあります。結構セレブのプライベートパーティーで使われている事が多く、週末はなかなか普通に食事ができない事が多いです。

入り口の大きなドアを入ると、丸いトンネルの空間が広がっています。どうもアメリカ人にとってアジアンは丸のイメージみたい。でもおしゃれですよね。
a0040554_813581.jpg

店内に入ると目につくのが大きな仏像です。こういった仏像が店内にあるので有名なTAOというレストランもありますが、こちらの店の方が実は最初に大仏を店に置いたのだそうです。いい雰囲気をかもし出してますよねー。
a0040554_817179.jpg

ここは通常は入って右半分がレストランスペース、左半分がバースペースになっています。レストランではチャイニーズフュージョンとSUSHIが食べられます。一度食べた事がありますけど結構スパイスが効いていていけますよ。でも値段は高い。一人100ドル以上は覚悟です。

内装も結構アジアンなかんじでおしゃれ。奥にはクラゲが泳いでいる水槽なんかもあっていい雰囲気です。写真みたいな壁もおしゃれでしょ。
a0040554_8195169.jpg

この日はとある雑誌主催の貸切パーティーだったので、たくさんの人が来ていました。セレブも登場!ケビンスペイシーという俳優です。自分は全くの外人オンチなので誰か知りませんでしたけど、結構有名な人のようです。皆さん知ってます?
a0040554_8214195.jpg

本当に混んでいましたが、普通はBarスペースだけでも利用できるので、雰囲気を味わいにいってみてはいかが?クラブのような雰囲気がちょっと味わえますよ!

ID必須ですので、お忘れなく。

☆場所
Buddha-Bar NYC

17 Little West 12th Street, (Bet 9th Ave and Washington St)
New York, NY 10014
Phone: 212-647-7314
www.buddhabarnyc.com
[PR]

by koolinnyc | 2007-06-20 08:25 | NY Restaurant