カテゴリ:NY郊外( 23 )

 

ABBOTT'S LOBSTER IN THE ROUGH

ここのところ、また忙しかった。でも充実してました。ここでちょこっと一息つけそうなので、ブログを再開しましょう!

けっこうこつこつとネタはためていましたので。。。。

今日は夏のとある週末に出かけたコネチカットのロブスターのお店「Abbott's」について書こうと思います!コネチカットのミスティックという場所にあります。Manhattanから車で2時間程度でしょうか?
a0040554_1112481.jpg

やっぱり去年行ったメイン州のロブスターは格別ですけど、ここのロブスターも美味しいと聞いてワクワク。ロブスターって ただ聞いただけだと、「ふうん。おいしそうだね。」という味気ないこたえが返ってくることが多いですが、僕はそんな人に是非ロブスターを1匹食べる感動を味わっていただきたい!あ、つい熱くなってしまいました!

この日もたくさんの人でいっぱいです!僕たちもさっそうと列に並びました。
a0040554_1117039.jpg

列に並びながら、今日は何パウンドのロブスターを食べようかと迷いましたが、僕は1.5lbで妻は1.25lbのロブスターディナーにすることにしました。ちょっと贅沢ですかね?窓口でオーダーをします。メニューはロブスター以外にイカフライなど種類は豊富です。

オーダーが終わると、室内に入って注文カードを渡します。そこでオーダーした大きさのロブスターがボイルされます。室内は待っている人たちでいっぱいです。
a0040554_1122983.jpg

約15分たつと僕たちの番号が呼ばれました。やったー!

外にもテントがあったので、そちらで食べることにしました。これがロブスターです。いい色。そしていい香りです。食欲がそそられます。
a0040554_11234863.jpg

すみません、もっと近寄ってドドーン。しつこいですか?
a0040554_11242715.jpg

では、温かいうちに。。。

殻も思ったより硬くて、これは意外と天然ものかもしれません。爪の部分、しっぽの部分、胴の中もミソがタップリ。美味しいね、美味しいねといいながら至福の瞬間を過ごしました。やっぱり、改めて思います。丸ごと一匹ロブスターは、最高です。

おなかも満腹になり、ちょっと海岸へ。海岸もきれいに晴れ渡って、とてもきれい。家族連れで海を眺めている人たちも多かった。
a0040554_112834.jpg

海辺には、ロブスター漁で使われる網カゴが置いてありました。今日のロブスターも、こういう網でとったのでしょう。
a0040554_11332974.jpg

07年の夏はメイン州に行くことは出来ませんでしたが、ロブスターはちゃんと堪能できました。

☆場所
Abbott's Lobster in the Rough

117 Pearl Street,
Noank, CT 06355
Phone: 860-536-7719
www.abbotts-lobster.com
[PR]

by koolinnyc | 2007-10-09 11:35 | NY郊外  

CORNEY ISLANDS

ドレスコード。いつもはかなり気が抜けた服装をしているアメリカ社会ですが、ここぞというときにはTPOに合わせた服装をすることがしばしば求められます。よく高級レストランで、ジャケット着用なんていうのを目にしますね。

僕もこれがよく分からなくて何度も失敗しましたけど、大まかに以下のように分類されるようです。

カジュアル       ・・・・・ 何でもいい。
ビジネスカジュアル  ・・・・・ 襟付きのシャツ、布のズボン、革靴、できればジャケット
フォーマル       ・・・・・ 要ネクタイ

これがベースに更に細分化されるようですが、今は何かあるときには無難にスーツで行くことにしています。

ところが、先日とあるパーティーに出席することになりました。Gala Partyといわれる豪華なパーティーみたいです。そのドレスコードがBlack Tie。黒いネクタイで行くのかなと思っていましたら前日になって、Black Tieとは要タキシード着用ということが発覚。そしてGala Dinnerといわれるパーティーに参加の際には、自動的にBlack Tieということも発覚。もちろんタキシードなんて持っていません。まあ人生においてタキシードを購入するというのもいい経験だと思い、急いで近所の服屋さんに買いに行きました。

そして当日はNYの超老舗&豪華ホテルのWaldorf Astria HotelでGala Dinnerが開かれました。会場に入るとその会の演出でレッドカーペットで、カメラマンたちがフラッシュをパシャパシャたいてセレブ気分です。かなり照れくさい。そしてホントに皆タキシードときれいなイブニングドレスで豪華な雰囲気でした。いい経験でした。天使にラブソングをでお馴染みのウーピーがサプライズゲストで登場。あの映画で歌ったゴスペルを披露してくれました!

しかし、Dress Codeは日本人にとってなかなかの曲者ですね。

さて今日は先日惜しまれながらもクローズしてしまった、Corney Islandについて書きたいと思います。マンハッタンからもF Trainとかで1時間くらいでいけます。
a0040554_2382884.jpg

駅を下りてまず目につくのが、Corney Island名物のホットドックのお店ネイサンズです。
a0040554_23112272.jpg

独立記念日にホットドック早食いコンテストが開かれるのがここコニーアイランドなんです。今年惜しくも負けてしまった小林さんはアメリカの英雄。この看板の前でみんなカメラをとっていましたよ。
a0040554_239549.jpg

まずはここでホットドックを食べよう!ということで列に並びました。みんな目的は同じで、列はすごい熱気でした!
a0040554_23105199.jpg

となりにあるベンチでランチです!パンもよくあたたまっていて、ここで食べるホットドックはやっぱり何かが違います。大きいホットドックも今ではペロリです。そしてポテトをつまみながらアメリカっぽいランチだなーと感慨に浸っていたのでした。
a0040554_23142771.jpg

やば、ちょっと食べ過ぎたかなと思いつつも遊園地の方に向かいました。この名物遊園地が閉園になってカジノホテルが跡地にできるみたいです。でも行ってみて分かりました。ホントさびれていて、昔のレトロな雰囲気が伝わってきます。

とりあえず今日の目的の一つである観覧車にのることにしました。この観覧車ワンダーホイールは普通にまわる車両もあるのですが、ホイールになっていて車両がグルグルと動く所もあります。タダでさえおんぼろの観覧車なので僕たちは普通の方に乗りましたが、怖いもの大好きのアメリカ人はホイールの方に乗っていましたよ!
a0040554_23162672.jpg

眺めが最高!延々と続く海岸も見えて、夏の終わりのコニーアイランドの絶景を楽しむことができました。

次はおんぼろお化け屋敷です。おんぼろで、明らかに何か出そうなのは分かるのですが、実は僕はお化け関係が苦手でぎゃーぎゃーわめいてました。
a0040554_23235216.jpg

今度はとなりのセクションに行きました。こっちは子供が遊ぶそうなアトラクションが豊富です。
a0040554_23282847.jpg

クラシックなメリーゴーランド。子供たちが楽しそうにしています。
a0040554_23382525.jpg

アメリカっぽいバイクのメリーゴーランドです。イカシテマスね。昔の日本の数取団みたいですね。ブン、ブン、ブブブン!
a0040554_2330539.jpg

ウォーターライダー!みんな信じられないくらいにびしょぬれになります。でも気持ちよかった!
a0040554_2331638.jpg

07年8月最後の日曜日のコニーアイランドは、笑いでいっぱいでした。来年は今年とは大分違う印象のコニーアイランドになると思いますが、本当に今年のうちにココにいけてよかった。古きよきアメリカを体験できました!
a0040554_23374645.jpg

[PR]

by koolinnyc | 2007-09-16 23:33 | NY郊外  

STOUTRIDGE VINEYARD

6月最後の日曜日は、以前行ったLawrence Farmへチェリーピッキングに行きました。チェリーはこれで今年最後ということもあり、たくさんの人でしたよ!

チェリー畑はちょっと遠かったので、トラックの荷台に揺られて向かいました!
a0040554_13143049.jpg

もう最後の週だから、残りしかないかなと思っていましたけど、けっこうありました。ブラックチェリー、黄色いチェリー、赤いチェリー、大粒のチェリー、小さいチェリー。種類も豊富です!
a0040554_13162810.jpg

バケツを貸してくれるので、バケツに取っていきました。かなりつまみ食いをしながら、ピック!ピック!ピック!けっこう楽しいです。はしごに登って取ってみたり、隣の木に移ってみたり。

結局、3パウンド(1.3キロくらい?)も取ってしまいました!
a0040554_13185938.jpg

でもお値段は、12ドルくらい。破格の安さです!赤いダイヤモンドも、ここではお手頃。つまみ食いもかなりしたので、もとはとった!

そしてチェリーを食べて変なおなかの満腹感はあったのですが、とりあえず近くにあったダイナーでランチです!ダイナーって、なぜか銀色でピカピカ輝いてます。
a0040554_13215694.jpg

日曜日のランチなので、地元の人の会合もあったみたいです。お年寄りのグループなど、わきあいあいと楽しい時間を過ごしています。
a0040554_1324636.jpg

僕はチープなバーガーをチョイス。けっこうでかいですよね!バーガーは完食しましたが、ポテトは残しました、さすがに。
a0040554_1326890.jpg

妻は、BLTサンドです。量は控えめですね。えっ?そんなことない?
a0040554_13272694.jpg

ダイナーはコーヒーやソーダが飲み放題なのもいいところ。ちょっとゆっくりしました。

そして午後は近くのワイナリーに行くことにしました。探してみると、Stoutridge Vineyardを見つけたので行くことにしました。
a0040554_1330635.jpg

ここのテイスティングルームはすごくきれいな新築の建物です。室内もとっても広くてきれい。まだ新築のにおいがします。
a0040554_13321063.jpg

ご主人らしき人に聞いたところ、このワイナリーは周辺の幾つかのワイナリーと一緒に組織をつくって、それらのワイナリーのワインを販売しているとのこと。というわけで、ここに来るとたくさんのワイナリーのワインが一度に楽しめてしまうんです!
a0040554_13334125.jpg

自分は運転だったので泣く泣く吐き捨てましたけど、いくつかテイスティングはさせてもらいました。Up Stateのワイナリーの面白いのは、フレンチハイブリッドの品種をはじめとする珍しいぶどう品種のワインが楽しめるところ。個人的にはロングアイランドのワイナリーよりも、こっちの方が面白いです。カナダのアイスワインで使われるVidalという品種のワインもありましたよ。
a0040554_1337980.jpg

裏にはブドウ畑が広がってます。
a0040554_13384181.jpg

まだぶどうはこんなちっちゃいですが、秋には甘くて美味しいぶどうになるでしょう!
a0040554_13392862.jpg

ありふれた美味しさのワインでなくて、個性的なワイン作りを目指して欲しいワイナリーだと思いました。

☆場所
Stoutridge Vineyard

10 Ann Kaley Lane
Marlboro, NY 12542
phone (845) 236-7620
http://www.stoutridge.com/index.php
[PR]

by koolinnyc | 2007-07-06 13:41 | NY郊外  

QUEBEC CITY #4(Saratoga Springs etc...)

楽しかったケベック・シティーを翌朝離れて、また6時間のドライブ。

今日の目的地はNY州の首都のAlbanyの近くにあるSaratoga Springsという街です。この街はアメリカでも有名な競馬場のある街らしく、有名ダービーが行われる街としても有名なのだそうです。

またそういうところは日本のように、酔っ払いが多くて治安が悪いということはなくて、お金持ちがついでにバカンスを楽しむということで、中央通りのBroadway沿いにはたくさんのお店が並んでいます。でもまだちょっと早かったらしく、ちょっと閑散としていました。

公園でちょっと景色を眺めながら、ぼーっとしてました。でもきれいな公園だったな。
a0040554_9203387.jpg


結局サラトガに着いたのも遅かったので、晩ごはんはホテルの近所にあるインド料理屋「NEW HAWELI」 に行くことにしました!
a0040554_9305691.jpg

New Haweli Fine Indian
1 W Circular Ct
Saratoga Springs, NY 12866
 Phone: (518) 581-1800
http://haweli.saratoga.com/

このお店、店に入るとプーンとスパイスのいい香りがしてきます。インド料理のお店って結構そういう感じです。店内も手作り感があるっていうか。お客さんはほぼ白人でしたけど、インド人もいました。インド人も認める味ってこと?期待です!

そしてつきだしで、チップスが出てきました。このチップスって何で出来てるのかわかりませんが、すごく美味しいんですよね。すでに味もついてるんですけど、ソースをつけてもいいし。
a0040554_20193994.jpg

インドの代表的ビール「KING FISHER」を飲みながら、オーダーした料理を待ちます。
a0040554_20204487.jpg

そしていよいよ登場!GOAN SHRIMP CURRYです。ココナッツミルク入りの海老カレーです。これマイルドで美味しい。ちょっと疲れた胃袋に非常にいいですね。
a0040554_20242991.jpg

そしてタンドリーチキン。これが鉄板の上に乗ってジュージューいいながら出てきました。スパイシーなチキンですが、あとを引く味。ビールもすすみます。
a0040554_20254938.jpg

2品を2人でシェアしましたが、完食は不可能。ボリュームいっぱいで、トコトコ歩いて帰りました。

ホテルで一泊をして、翌日はNYまで寄り道をしながらドライブです。
サラトガ湖の横を通って、公園めぐり。ほんとのどかな土地です。
たくさんの牛がいたり。。。。
a0040554_20283845.jpg

馬が走ってたり。。。。。
a0040554_2029241.jpg

ゴミ????
a0040554_20292225.jpg

いや違います。巨大なカメです。この日は5匹くらいカメを見ました。あんまり日常でカメを見る機会がないですから、驚きました。

Saratoga National History ParkやMartin Van Burenという歴史公園にたちよったりしましたが、どうも独立戦争のときに戦いがこの辺であったみたいで、その時の資料がおいてありました。妻曰く、サラトガの戦いがあったっ所かな?といいましたが、僕は勉強嫌いなので全く知りません。みなさん知ってます?

そして有名な大統領フランクリン・ルーズベルト(F・D・R)の生家にも立ち寄りました。この辺休みの日に来るのにすごくいいですよ。緑も多いし、リラックスできます。しかしFDRって、金持ちだったんですね。すごく大きな土地でまずびっくり。そして家も豪華で更にビックリ。
a0040554_20401137.jpg

ボクも「よっ、大統領!」って呼ばれてみたいなんてくだらない事を考えながら見ていました。近くにはFDRのお墓もありました。お墓もアメリカっぽいです。
a0040554_20413665.jpg

ちょっと離れたところには、FDRの奥さんMrs. Elenor Roosebeltが晩年を過ごしたコテージがあります。ここも可愛かったです。池やウッドデッキなんかもあって、非常にいい雰囲気。映画に出てくるようなコテージでした。
a0040554_20452414.jpg


まだまだNYの事を知らないなー。もっといろいろ見ておかないと、そしてアメリカの大統領の名前も多少覚えんとなーと感じたのでした。
[PR]

by koolinnyc | 2007-06-17 20:47 | NY郊外  

QUEBEC CITY #3

さてお昼ごはんも食べ終わって、満腹。散歩がてら海岸沿いを歩いてみました。そしてさっきの勝利のノートルダム教会の辺りを再散策。さすがです、ルイ14世の銅像がありました。ルイ14世ってこんな顔してたんだー。
a0040554_7453857.jpg

そして今度は丘を上がって、今度はノートルダム聖堂に向かいました。ノートルダムって結構ありますよねー。ちょっとマメ知識。ノートルダムっていうのは、Notre-Dameって書くんですけど、フランス語で「私たちの母」ていう意味なんです。つまり聖母マリアのことですね。聖母マリア教会のことなんですね。だからいっぱいこの名前があるわけです。えっみなさんも知ってました?

この聖堂は左右非対称ですごくユニークな形をしています。しかもガイドブックによると、バロック様式の傑作という建物だそうで、また350年以上の歴史がある非常に重要な教会なんだそうです。
a0040554_7565029.jpg

一人2ドルか3ドルを払って館内に入りました。結構外の日差しが強かったのですが、やっぱり中はひんやり落ち着いた雰囲気です。ボクはキリスト教信者ではありませんが、なんとなく教会の雰囲気は好きです。

奥の祭壇は金色でかなり豪華!ステンドグラスも美しいですが、天井の空の絵もステキでした。
a0040554_824215.jpg

ちょっとここでゆっくりして、ちょっとショッピングをしました。といってもお土産程度で何も買わなかったんですけど。。。もちろんファッションのお店はたくさん!そのほかにクリスマスショップや百貨店もありました。
ちょっと疲れたので、カフェでアイス休憩!カフェもちょっとお洒落ですね。
a0040554_862744.jpg

するといい時間になってきたので、ホテルへ一旦戻ってDinnerのために衣装替えです。

今日のレストランは、南西側にあるグランダレ通りにあるパリ・ブレストです。
a0040554_8104794.jpg

Le Paris-Brest
 590 Grande-Allee Est,
  Quebec, QC
Phone: 418-529-2243

暗くて落ち着いた店内もありますし、テラス席もありました。僕たちは暑さにやられて店内を選びました。
a0040554_8161638.jpg

ワインはオーストラリアのシャルドネを選びました。きりっと辛口で食事にピッタリのワインです。
私たちは今日のコースを選びました。するとアミューズで、なんとピザが出てきました!珍しいですね、ピザなんて。イタリア風の薄い生地のピザで、結構美味しかったです。ボリュームも結構ありましたけどね!
a0040554_8193627.jpg

そしてアペタイザーで、私はエスカルゴのパイ包みをオーダー。全く想像できませんでしたけど、意外な形で出てきました。野菜もタップリで、ソースも美味しい。意外に軽く食べられてしまいました。
a0040554_8215234.jpg

妻はカラマリ(イカ)をオーダー!これも意外な形のものが出てきましたよ。んー、さすがにケベック。一筋縄ではいきません。これも味付けも程よく、さっぱりと食べられましたね。
a0040554_825226.jpg

するとミネストローネみたいなスープが出てきました。あっさりしててオイシイ!塩加減も絶妙です。
a0040554_827782.jpg

メインはビーフです。煮込んだ野菜がかかっていてちょっと日本人には非常に親しみが感じられます。
a0040554_831883.jpg

妻のメインはカモです。上品な盛り付けで、スパイスもまぶされていて美味です。
a0040554_8344821.jpg

するとデザートを選んでください。と言われましたので、ワゴンに見に行くことにしました。きれいなデザートが6種類くらい並んでいました。二人でそれぞれ選びました。
a0040554_8361325.jpg

a0040554_8364867.jpg

もう満腹!かなり満足です。

妻はここで部屋に戻りましたが、私はもう1件バーに立ち寄りました。カナダのバーはビールのタワーが面白い。陶器でタワーがつくられてます。ちなみにこのバーにはスロットマシンもありました。おばあちゃんが相当な大金を突っ込んでいましたよ。
a0040554_8401082.jpg

自分は白熊の絵をしたケベックの地ビールをトライしてみました。ストロングビールという6.5度もあるビールです。ダーク系のビールですが、アルコールが強い分引き締まった味です。
a0040554_843759.jpg
これ面白いねってバーテンの人に言ったら、この辺のビールで人気があるんだよ。たくさん種類もあるんだ、と言って全部出してきてくれて記念写真を撮ってくれました。そしてピーナッツをサービスしてくれました。いい人が多いですね、ケベックって。

こうして充実した長い一日が終わったのでした。
[PR]

by koolinnyc | 2007-06-11 08:43 | NY郊外  

QUEBEC CITY #2

2日目はケベックシティーを探索です!

実は前日の夜に電話で予約しておいたシャトー・フロントナックの館内ツアーが9時からあったので、シャトーフロントナックまでてくてく歩いていくことにしました。

ホテルの近くにはケベックの州議事堂がありました。優雅で壮大です。庭園もよく整備されていて、花もいっぱい。カナダはきれいだなー。
a0040554_12243799.jpg

その前にはサンルイ門があります。城みたいで優雅ですね。
a0040554_12254988.jpg


そしてサンルイ通りを東に坂を下っていくと、いよいよシャトーフロントナックに到着!まさにケベックのランドマーク。豪華なのでドキドキしながら入ります。
a0040554_12264861.jpg

館内はゴールドで豪華ですが、落ち着きもある趣の深い内装。
ロビーでツアーの場所を聞くと、奥の階段を下ったところといわれました。階段を言われたとおりに下りると受付があり、一人8.5ドルを支払ってツアーバッチを受け取りました。
すると案内する人がやって来ました!昔からタイムスリップしてきたという設定らしく、所々ジョークを交えながら館内を案内してくれました。英語のツアーに参加しましたけど、フランス語なまりの英語でキュートに説明してくれましたよ。このツアーおすすめですよ!
a0040554_1236468.jpg

a0040554_1237169.jpg

楽しい1時間のツアーも終わり、外にあるテラス・デュフランと呼ばれるウッドデッキの小道を散歩しました。この日はちょうど学生のオーケストラがコンサートをしていました。ポカポカ陽気の中で、皆のんびりテラスで音楽を聞いていました。ほんと久々ののんびりです。
a0040554_12401592.jpg

そしてテラスを下りて、昨日のプチシャンブラン通りの方へ行きました。まだお昼には時間があったので教会を見ることにしました。
勝利のノートルダム教会です!観光客もいっぱいです。北米最古の石造りの教会らしいですが、結構石もきれいです。さすがカナダ、掃除と管理が行き届いてるんでしょうかね?
a0040554_12421993.jpg

室内もステンドグラスがきれいで、中でも圧巻なのが祭壇部分。ゴールドと白で非常に洗練されたかわいいデザインです。
a0040554_12454770.jpg

そしてようやくお昼!お昼は予約してませんでしたけど、ピンクのブタの看板が目印のコションダングというお店でとることにしました。テラス席もあります!
a0040554_12471840.jpg


Le Cochon Dingue
46 Blvd. Champlain,
Quebec, QC G1K 4H7
Phone (418) 692-2013
http://www.cochondingue.com/

非常にカジュアルで、観光客の家族連れで賑わってました!ボクはヨーロッパ風にキッシュをオーダー。辛口の白ワインもたのみたかったけど、グッと水で我慢です。結構、自家製ピクルスも美味しかったな。
a0040554_12575542.jpg

妻はポーチドエッグのセットをオーダー。これお得ですね。フルーツもタップリ!
a0040554_1312986.jpg

ゆっくりとランチが取れました!

写真が多かったので、今日はここまで。午後の部はまた次回です。
[PR]

by koolinnyc | 2007-06-07 13:03 | NY郊外  

QUEBEC CITY #1

先週はMemorial Dayという休日でした。そこで、カナダのケベック・シティーにドライブ旅行に行きました!今日から何日かそのことについて書きたいと思います。

NYから車で約10時間(もちろん途中で1泊しましたよ)、カナダのケベックシティです。砦のある小さくてかわいい街です。ニューフランスと昔は呼ばれていたそうで、もちろん言葉はフランス語。毛皮の貿易の拠点として発展していった街だそうです。
a0040554_0555328.jpg
a0040554_056381.jpg

石畳の小道が多くて、また坂も多い。そしてお洒落さんたちが多い街でもありました。

アーティストも多く、トレゾール小路では絵描き達がそれぞれの感性で描いたケベックシティーの絵が売られています。
a0040554_0593782.jpg

そしてこの街のシンボルにもなっているシャトーフロントナック。ここはホテルになっていて、泊まることが出来ます。でも高いので、今回はあきらめました。その分で美味しいものを食べようということで!
a0040554_0595668.jpg

結局到着したのが午後4時くらいでしたので、街を軽く歩いてすぐに予約しておいたレストランに行くことにしました。

丘を下りて、プティシャンプラン通りへ向かいます。ここは本当にカワイイ通り。お土産屋さんもそろっていて、観光客でいっぱいです。
a0040554_173111.jpg

今回のレストランは、「マリークラリス」というお店です。とても有名なレストランのようです。値段もちょっと高めらしいので、ちょっとお洒落風な服に着替えていったのですけど、カジュアルで大丈夫でした。短パンとTシャツにすればよかった。
a0040554_171788.jpg

Marie Clarisse

12, Petit Champlain, Escalier casse-cou
Vieux Québec, Canada
Phone : 1-418-692-0857
http://marieclarisse.qc.ca/home.html

テラスもよかったんですけど、暑かったので店内で食事をすることにしました。飲み物をオーダーして、乾杯!自分はオリジナルビールをオーダー。でもラベルだけオリジナルで、多分カナダの有名ビール「ラ・フィン・デュ・モンド」だと思います。コクがあって美味しかった。
妻はフルーツ系のリキュールとシャンパンで割ったさわやか系のカクテルでした。涼しそうでしたね。
そしてアミューズでエスカルゴのゆでたものが出てきました。ボクがタニシみたいと言ったら、妻にすごく嫌な顔をされました。そーゆーこといわないでよー、食べる気が失せるでしょ!だそうです。反省。
a0040554_1184796.jpg

するとギャルソンが来て、大きな黒板に書いた本日のメニューを持ってきて説明してくれました。フランス語だったので、英語で説明してもらいました。魚介類を食べたかったので、魚介類系でアペタイザーを1品とメインを各自で選びました。

アペタイザーのカニちゃんの足です!お洒落ですよね、この盛り付け。カニの身を周りのソースにつけてもよし、レモンを絞ってもよし!美味でしたー。
a0040554_1163431.jpg

メインはよくわからなったんですけど、魚料理を食べました。しっかりフレンチですけど、結構あっさりしていて美味しかったですよ!ソースも美味しかった。さすがケベック。料理の味が日本人の口に合いますね。
a0040554_1213924.jpg
a0040554_1215777.jpg

デザートはここでとるのはやめて、外に出ました。ゆっくりと食べたつもりですけど、食べ終わってもまだ外は明るかったです。

デザートをやめたのは、ケベック名物のクレープ屋さんでクレープを食べたかったから!
今回訪問したのは、Au Putit Coin Bretonです!店員の人がケベックの衣装で出迎えてくれます。かわいいですよ。
a0040554_130138.jpg

Au Putit Coin Breton

 1029 rue Saint-Jean
Quebec, Québec, Canada G1R 1R9
Tél.: (418)694-0758
http://www.iplus-info.ca/quebecworld/Data/Q1492/Q1492.html
ケベックのクレープは生地がパリパリなんですよ。フランス風に、アップルサイダー(シードル)と一緒に食べました。メイプルシロップもタップリ。あまーいクレープとさわやかな酸味のシードルが最高!
a0040554_1323594.jpg

一日目で早くも満腹。そしてドライブ疲れもあり、早く眠ることにしました!
[PR]

by koolinnyc | 2007-06-04 01:36 | NY郊外  

THE DANCING CRAB

先週とうってかわって、今週末はNYも大分暖かくなりました。家の前の桜も満開で、道を歩くとすごく楽しい気分になります。春のNYはとても短いですが、すごくいい季節です。

早くもTシャツ姿のニューヨーカーであふれています。

そんな中ですが、ふと妻の提案でセントラルパークにシートを持って花見に行くことにしました。

セントラルパークもこの陽気ですから人でいっぱいです。デジカメを片手に写真を取る人や友達とランチを楽しんでる人など、みんなそれぞれに春の休日を楽しんでます。僕たちも広場の一角にシートを敷いて持って来た本を寝転がって読みながらののんびり休日です。
a0040554_452461.jpg

歩いてる途中できれいなピンクの桜があったので私達もパチリ。
a0040554_4514652.jpg

春はやっぱりいいですね!

さて今日は全く関係ありませんが、以前にDCに行ったときに立ち寄ったカニのお店「The Dancing Crab」についてかきたいと思います。このお店は観光ガイドに書いてあったのでいってみたお店ですが、DCの中心部から地下鉄に乗って郊外にいったところにあります。
a0040554_4555585.jpg


ここはワシントン名物のブルークラブというカニをスパイスで焼いたものを名物の木槌で割リながら食べられるお店です!カニ大好きな私たちには打ってつけのお店です!

急に思い立って行ったので予約をしませんでしたが、1時間くらい待ちました。予約必須のお店のようです。たくさんの家族で来ている人もいましたし、観光ガイドにあるからか日本人もいました。

ようやく席が空いて座れることになりました。やっぱり魚介類!ということで生カキをオーダーです。まあ間違いないですね。よくアメリカのカキには写真にもあるトマト系のソースがついてきますけど、私はそのソースよりもレモンを搾って食べる方が好きです。
a0040554_4594870.jpg


そしていよいよクラブです!大きさもいろいろありましたが、確かMediumの大きさをハーフダースたのんでみました。赤々として美味しそうですよね。ロブスターの絵がついた紙のエプロンをつけて、木槌を握り締め、殻を割って食べて行きます。
a0040554_541662.jpg

最初はなかなか慣れていなくて大変なんですけど、段々と殻の割り方のコツがつかめてきます。そしてカニの身を食べて行きますが、これが少しスパイシーさも手伝ってウマーイ!日本人は間違いなく好きでしょうし、ビールにもよくあいます。

それほど大きそうではありませんが、けっこうおなかいっぱいになりますよ。

最後は割った殻が色んなところに飛びまくって、自分は髪にまでついてたらしいですが妙な達成感を感じて完食でした。手にも美味しいにおいがしみこんでしまいましたが、それも愛嬌。

DCに行ったらもう一度行ってみたいお店です。

☆場所
Dancing Crab

4611 Wisconsin Avenue Northwest
Washington, DC 20016
Phone: 202-244-1882
http://www.dcseafood.com/dancingcrab/index.htm
[PR]

by koolinnyc | 2007-04-23 05:13 | NY郊外  

Montreal その③

最近ようやく寒くなってきました。寒いときにはやっぱりコーヒーでホッと一息が最高ですよね。私はコーヒーが大好きなのでだいたい会社にいるときは飲んでいますし、車に乗る前にもスタバか道端のベンダーで買いこんで運転しながら飲むことが多いです。

常にブラックなのでけど、最近妻の影響もあってかミルクを入れて飲むことが多くなりました。だいたいNYのコーヒーを売ってるところでは、普通のミルク以外にスキムミルクとHalf&Halfの3種類がおいてあります。スキムミルクはイメージつきますけど、Half&Halfってなんだか分かりませんよね。これ結構メジャー。生クリームとミルクが半々になってるミルクです。スーパーでも売ってます。ほぼコーヒー専用のミルクみたいです。これに今ハマっています。

これを入れると普通のコーヒーよりコクが出てなんともいえない美味しさになるんですよ、これが。日本でも発売すればいいのに。

その延長で、最近家でカフェ気分が味わえるように9ドルくらいでクリーマーなるものを購入しました!
a0040554_321510.jpg

ミルクをちょっとレンジであっためて、このクリーマーでかき回すと、クリーム状のふわふわな泡が出来上がります。これをコーヒーの上に浮かべると、即席カフェラテになります!この柔らかい泡が最高。いつものコーヒーが倍美味しくなりますよ。

さて、今日はモントリオール最終日です。

最終日は主に帰るだけでしたけど、午前中ジャンタロンマーケットという市場に寄って帰る事にしました!ここは本当に市場みたいな感じで、地元の人たちが野菜などを買いに来ていましたよ。
a0040554_3282047.jpg

この市場、品物がほんとうに豊富です。地元の農家の人たちが新鮮な野菜を売りに来ています。活気は日本と同じですね。
a0040554_3543689.jpg

軽く市場をまわってから、周りにあったカフェみたいなところに入りました。ほんとに地元の人がくるお店という感じで、モントリオールの肝っ玉母ちゃんみたいなおばあちゃんが仕切っていました。

しかもこのおばちゃんフランス語しか話せない。片言のフランス語でオーダーしてみました。
私はベーグルとスモークサーモンとチーズのセットをオーダー。コーヒーもオーダーしてみたら、cannelleを入れるかと聞かれました?キャラメル?と聞き返したら大笑いされて、何だ?と聞いたら隣の人に、「英語ではなんだっけ?一種のスパイスみたいなもんだ」といわれました。「もしかして、シナモン?」といったら、みんなで「そうだ!」といって大笑いしました。ここの人は陽気です。そんなあったかい中で朝食を取りましたよ。
a0040554_3472626.jpg

帰りに紙のテーブルシートで、折り紙の鶴を折ってプレゼント。そしたらドラゴンか?だって、おばちゃんおもしろい。

そして市場に戻りました。パン屋もあって、妻はここのパンが気に入ったらしくクロワッサンを買っていました。そして市場では試食もあるので、野菜やトマト、みかんなどをつまんで、じゃが芋とアスパラをかいました。超安かった。

日本では珍しい、キッシュのお店やフランスの息吹を感じさせるケーキ屋さんもありました。
a0040554_3513097.jpg


外には個人商店もたくさん。蜂蜜やメープルシロップ、そのほか何でも揃いますね。
a0040554_3545317.jpg


こうして帰途につきました。

かえりもスイスイと思ったら、土曜日だったので国境の通関が結構混んでた。30分も待ちましたよ。

こうして楽しいモントリオールドライブが終わりました。今度はケベックシティーまで車で足を伸ばしたいとたくらんでいます。

おわり
[PR]

by koolinnyc | 2006-12-04 03:54 | NY郊外  

Montreal その②

昨日ある資料を読んでいたら、アメリカと日本の肥満者数の比較が出ていました。アメリカって信じられないくらい太っている人が多いなーとは思っていましたが、ここまでとは!

ちなみに日本人も最近栄養価が高くなって肥満体質の人が多いとは聞きますが、それでも3%強。日本の人口が1億3000万人ですから、約400万人が肥満体質というわけですね。

ではアメリカでは???

なんと"30%"の人が肥満らしいです!アメリカの人口は約3億人。約9000万人の人が肥満のカテゴリーにはいるんですね!日本の人口の半分を軽く超えるひとが大きいんです。こういうところにいるとつい自分がやせていると思ってしまうので、自分に厳しくしないといけません。

ハンバーガーとかチキンウイングとか、おいしいんですよねー。おっといけない、これからクリスマスシーズンでますます高カロリーの季節に突入しますので、調整。お酒はやめられませんので、食べる量をへらしますか。。。。

さて、今日はモントリオールのつづきです。

朝ごはんは、ホテルの近所にあったカフェ「CAFE IMAGINATION」 でとることにしました。
a0040554_1552192.jpg

ヨーロッパのカフェの雰囲気でありながら、ちょっとアジアンな雰囲気も感じられるステキなカフェです。窓が大きくてすごく明るい。

ウェイトレスのお姉さんも明るく出迎えてくれます。私はトーストとハムチーズ入りのオムレツのセット、妻はクロワッサンのサンドをオーダーです。妻はカフェオレもたのんでました。Cafe au laitはアメリカだとミルクに普通のコーヒーを入れるもので、カフェラテだとエスプレッソを入れるらしいんですけど、二つとも同じ意味ですよね。でも、さすがフランス語圏。カフェオレでもしっかりエスプレッソがはいっていたそうですよ。
a0040554_211218.jpg

驚いたのがパンが美味しい!トーストもサクサクで、あとクラフトのピーナッツバターがあんまり甘くなくてすごく美味しかった。オムレツはもちろん、付け合せのポテトまで美味しかったです。さすがレベルが高い街だ。

それから港に向かって歩き、旧市街と呼ばれる方面に歩いていきました。昨日のBonaparteのある方です。昼間はまたさわやかです。市庁舎も味わいがあります。
a0040554_29175.jpg

まちには石畳の小道がたくさんあって小さなおみやげ物屋さんがたくさんあります。また路上ではギターなどを弾く人がいてフランスっぽい。また教会もたくさんありました。
a0040554_2101385.jpg


てくてくお土産屋さんを覗きながら、ノートルダム大聖堂に向かいました。かなり大きい建物で壮大です!
a0040554_2113782.jpg

堂内は広くて、青のイメージのすごくきれいな大聖堂です。
a0040554_2135278.jpg

僕はクリスチャンではありませんが、教会のしーんとした厳かな雰囲気は結構好きです。ステンドグラスから差し込む柔らかい明かりも好き。ちょっとうたた寝したくなるくらいです。日頃の煩悩が溶け去っていくみたい。

いけにえの羊の像が飾られているところがありました。こういうの初めて見たのでパチリ。
a0040554_2161244.jpg

「美」という字はいけにえの羊が大きいほど素晴らしいという意味でキリスト教から来たんだと学校で教わったことがありましたが、んーちょっとグロい。
クリスチャンの人が何人かこの前で真剣に祈っていました。

煩悩は一旦はなくなっても、湧き出るもの。ここを出たらさっそくお腹がすいてきたので、さっそくカフェに入りました。おじいちゃんとおばあちゃんで経営しているらしい、ショコラティエ兼カフェのようなお店でした。
a0040554_2222563.jpg

Le Bouchees Goulmandes
310 rue St-Paul, Ouest,
Vieux-MOntreal, QC H2Y 2A3
phone:514-845-3663

モントリオールといえばクレープ!ということで、妻はクレープをたのんで、僕はキッシュをたのみました。おばあちゃんがフランス語なまりの英語で色々説明してくれましたよ。
a0040554_2254736.jpg

結構若い人が多くて、午後のひと時をくつろいでいました。壁にはお客さんが送ってくれた手紙やここでとった写真が飾られていて、あったかい雰囲気です。

お腹も落ち着いたので、次の場所へ!やっぱりモントリオールといえば、オリンピックですよね。地下鉄で足を伸ばして、オリンピック公園ヘ向かいました。

駅を降りると、大きなドームが見えます。これかー。すごいなー。ちょっとみにくいかも知れませんが、斜めの部分に小さな突起物が見えませんか?これトラムになってるんですよ。これに乗って上まで行けるらしいです。ながめよさそうだなー。
a0040554_232187.jpg

ところが、館内に入ってチケットを買おうとしたら結構高い。あえなく却下となり、館内でちょっと一休みして帰りました。

そして街に戻って、モールを見てまわりました。この街は寒いので、信じられないくらい地下街が発達しています。きっとこの地下街を把握できたら、地上に出ることなくほとんどの場所へいけるんでしょうね!そして、モールにおいてある洋服のサイズが小さいものが多い。日本人にはよさそうです。

そんなこんなで夜になりました。今日はなぜかカレーを食べようということになり、昨日見つけたインド料理のお店に行くことにしました。ここ昨日の夜にすごい人だったので、超期待。
Restaurant Gandhi
230, rue St-Paul, Ouest,
Vieux Montreal, QC H2Y 1Z9
Phone 514-845-5866
www.restaurantgandhi.com

最初、うすかわ煎餅見たいのが出てきました。これスパイスがかかっていてこれだけで美味しいんですけど、ソースが3つ出てきてこれにつけると更に美味しいんです。バクバク食べてしまいました。
a0040554_2383724.jpg


今日もTable d’Hoteをたのむことにしました。
自分は、野菜スープとタンドリーチキンのコース。妻は、サラダとチキンカレーのコースです。
a0040554_2421097.jpg

a0040554_2422215.jpg

ナンとサフランライスがついてくるので、これで思いっきり食べてしまいました。やさしい味わいでもちろん美味しい。量が多くてかなり残してしまった。もったいない。ふと気がつくと満席で、Waitingが出ていました。さすが人気店。

そしてデザートもついてきます。インドのデザートを食べましたが、不思議な味。
a0040554_2442639.jpg

厚揚げに甘いスープがかかったような味です。不思議だ。でもインド人のウェイターは、超人気のデザートなんだといっていました。いい経験でした。
もちろん普通のデザート(アイスとかフルーツとか)も選べますよ。

今日もたくさん食べてしまいました。でもたくさん歩いたのでチャラですね!

つづく
[PR]

by koolinnyc | 2006-12-03 02:46 | NY郊外