THE DANCING CRAB

先週とうってかわって、今週末はNYも大分暖かくなりました。家の前の桜も満開で、道を歩くとすごく楽しい気分になります。春のNYはとても短いですが、すごくいい季節です。

早くもTシャツ姿のニューヨーカーであふれています。

そんな中ですが、ふと妻の提案でセントラルパークにシートを持って花見に行くことにしました。

セントラルパークもこの陽気ですから人でいっぱいです。デジカメを片手に写真を取る人や友達とランチを楽しんでる人など、みんなそれぞれに春の休日を楽しんでます。僕たちも広場の一角にシートを敷いて持って来た本を寝転がって読みながらののんびり休日です。
a0040554_452461.jpg

歩いてる途中できれいなピンクの桜があったので私達もパチリ。
a0040554_4514652.jpg

春はやっぱりいいですね!

さて今日は全く関係ありませんが、以前にDCに行ったときに立ち寄ったカニのお店「The Dancing Crab」についてかきたいと思います。このお店は観光ガイドに書いてあったのでいってみたお店ですが、DCの中心部から地下鉄に乗って郊外にいったところにあります。
a0040554_4555585.jpg


ここはワシントン名物のブルークラブというカニをスパイスで焼いたものを名物の木槌で割リながら食べられるお店です!カニ大好きな私たちには打ってつけのお店です!

急に思い立って行ったので予約をしませんでしたが、1時間くらい待ちました。予約必須のお店のようです。たくさんの家族で来ている人もいましたし、観光ガイドにあるからか日本人もいました。

ようやく席が空いて座れることになりました。やっぱり魚介類!ということで生カキをオーダーです。まあ間違いないですね。よくアメリカのカキには写真にもあるトマト系のソースがついてきますけど、私はそのソースよりもレモンを搾って食べる方が好きです。
a0040554_4594870.jpg


そしていよいよクラブです!大きさもいろいろありましたが、確かMediumの大きさをハーフダースたのんでみました。赤々として美味しそうですよね。ロブスターの絵がついた紙のエプロンをつけて、木槌を握り締め、殻を割って食べて行きます。
a0040554_541662.jpg

最初はなかなか慣れていなくて大変なんですけど、段々と殻の割り方のコツがつかめてきます。そしてカニの身を食べて行きますが、これが少しスパイシーさも手伝ってウマーイ!日本人は間違いなく好きでしょうし、ビールにもよくあいます。

それほど大きそうではありませんが、けっこうおなかいっぱいになりますよ。

最後は割った殻が色んなところに飛びまくって、自分は髪にまでついてたらしいですが妙な達成感を感じて完食でした。手にも美味しいにおいがしみこんでしまいましたが、それも愛嬌。

DCに行ったらもう一度行ってみたいお店です。

☆場所
Dancing Crab

4611 Wisconsin Avenue Northwest
Washington, DC 20016
Phone: 202-244-1882
http://www.dcseafood.com/dancingcrab/index.htm
[PR]

by koolinnyc | 2007-04-23 05:13 | NY郊外  

<< PYLOS PIG HEAVEN >>