JOE'S SHANGHAI

この数週間いろんなことがありました。んー、でも人生って色々あるから面白いんですものね。

今は会社と仕事の関係もあって、マーケティングの勉強を独学でしています。(っていうか、本読んでるだけですけど)マーケティングって、漠然としていてよくわからなかったけど勉強してみると面白い。多分、学生時代にやっても面白くなかったんだろうけど、今は多少実務の経験もしているので場面が浮かび上がってきます。こういう方法があったんだとか、こういう考えでやっていたんだとか、本に書いてあることをあの時はそのままやってたんだなーとか。

まあ勉強をして成績が上がるんだったら、大学の先生が一番のマーケッターなんていうことを言う人もいますけど、基本を学んで損することはないだろう。多分。35歳までに目標にしているスキルを持った人間になっていたいと思っている今日この頃です。

さて、今日はChina Townにある超有名中華レストラン「Joe's Shanghai(ジョーズ・シャンハイ)」について書きたいと思います。

先週は、まだ旧正月の名残か中国の獅子舞がたくさん練り歩いていましたよ。爆竹を鳴らす人もたくさんいました。活気であふれてます。
よく思うんですけど、China TownってNYの中国人街ではなくてアメリカにある中国。そんな感じです。英語喋らない人も多いですし。
a0040554_13521287.jpg

中国人のコミュニティーの強さはものすごい。地価高騰のマンハッタンの中にあって、ここだけはなぜかすごく家賃も安いらしいです。ただし、コネがないと借りれないらしいですけど。そしてもうここに骨をうずめるつもりでみなさん生活していますから、結構成功している人も多いんです。
a0040554_14175676.jpg

そんなChina Townですが、家から遠いこともあってこの街はあんまりよく知りません。というかつかみきれない。そこが魅力なのか観光客も多い場所であるのも確かです。その観光客たちにも評判の小龍包を食べさせてくれるのが「joe's Shanghai」です。
a0040554_13585684.jpg

いつも行列ができているらしいですが、自分たちは土曜日の12時くらいに行きましたら、まだギリギリ座れました。ラッキー♪

店内は8人掛けの大きな中華テーブルがたくさんあって、みんなおいしそうに小龍包を頬張っていましたよ。そして旧正月らしく赤と金の飾りがきれいでした!
a0040554_142848.jpg

メニューを見てるとウェイターの人が、「ショーロンポー?イチ?ニ?」と片言の日本語でオーダーを取りに来ました。日本人、結構来てるんですねー。ここの小龍包は一皿で8個入りなので1つたのんで妻とシェアすることにしました。
そして待つこと3分。これがここの蟹小龍包(6.5ドルくらい)でーす!
a0040554_145834.jpg

やばー、結構でかい。食べ出があります。

袋の中には小龍包のジュースがタップリと詰まっていますから、皮を破らないようにトングで上のほうをつまんでレンゲにのせてみました。そしてバクリ!と行きたかったのですが何しろアツイ。妻は口の中をやけどしてました。私は教訓を活かし、横から皮を破ってレンゲにジュースを移し、すすりました。もちろん、バカウマです。

タレをちょっとつけてみても美味しい。蟹の風味もして、ほんとにうまいです。さすがうわさだけのことがある。

実は小龍包の他に、海鮮ラーメンもたのみましたが写真取るの忘れました。まあ、ここはショウロンポー以外はそれほどでもないらしいと聞いていましたが、ホントに普通に美味しいだけでしたね。

これで満腹。もう食べられません。

でも、、、、、最後に杏仁豆腐をたのんじゃいました!
a0040554_14105983.jpg

アメリカの杏仁豆腐ってシロップがすごくあっさりなんです。水にちょっと甘味がついてるっているという感じです。でもすごくスッキリします。本当は油分をあっさりと拭い取って食後スッキリするためのデザートなんでしょうね。

ホント満腹。満足のままお会計でしたが、なんと16.5ドルでした。TIP込みで20ドル払いましたが、安いしお得です。

また小龍包をたくさん食べに来たいと思います!

☆場所
Joe's Shanghai
9 Pell Street, (bet Bowery & Mott Street)
New York, NY 10013
Phone 212-233-8888
[PR]

by koolinnyc | 2007-02-28 14:17 | NY Restaurant  

<< Gramercy Tavern Terrace in the ... >>