メイン州紀行 その2

2日目。Free Portの街を後にして、この日はアーケイディア国立公園までの約5時間のドライブです。

とはいっても寄り道好きな私たちですので、真っ直ぐ直行なんてしません!

この日は朝ごはんはホテルについていたので、ちょっとお茶をしに名前もよくわからない喫茶店に立ち寄りました。本当に可愛い喫茶店だから立ち寄ったので情報まるでありませんがこんな感じです。白人の世界でした!!
a0040554_12182214.jpg

メイン州はロブスターも有名みたいですけど、ブルーベリーをはじめとするベリー系の果物も有名みたいで「摘みたてストロベリーケーキ」みたいなケーキがあったのでたのんでみる事に。
苺がいっぱいの、そしてホイップクリームがタップリのケーキでした。でもアメリカでは珍しくあんまり甘くなかったな。苺の甘みを味わえるようになのでしょうかね?
a0040554_12205340.jpg


そして向かった先は、これはIさんからお借りした本に載っていた「究極のBest Lobster Roll」のお店「Water Man Beach Lobster」です!
a0040554_12225517.jpg

343 Waterman's Beach Rd. South Thomaston, ME ; 207/596-7819
http://www.hollyeats.com/WatermansBeach.htm
ここはちょっと分かりにくいです。山の中の道を抜けると一気に海が広がります。そうするとこの建物が見えてくるんです。ここからの眺めはもう最高!そしてこのお店の前から船が出ていて、もしかしたら朝取りのロブスターですかね?注意は木曜日から日曜日しかやっていないということ。ここまできてここのロブスターが食べれないのは残念すぎますから。。。
そしてオーダーしてみました。妻はロブスターロールを、そして自分は1パウンドのロブスターディナーをオーダー。ふ、ふ、ふ、2日連続のロブスターです。
a0040554_1231577.jpg

ロブスターロールは、こんがり焼けたパンに本当にぎっしりのロブスターの肉です。肉はプリプリ。こんなにプリプリなのかと驚くほどです。目の前の壮大な海を眺めて、いい潮の香りに包まれて食すロブスターロールは格別だったそうですよ。
a0040554_12305434.jpg

そして私はロブスターです。大きいでしょう!昨日のロブスターも美味しかったのですけど、ここのは殻がビックリするくらい固くて、殻を割るとビックリするくらい身が詰まっていて、味もビックリするくらい濃厚。味噌もこってり。ロブスターの身に味噌をつけて食べるなんて荒業もあみ出して堪能しました。本当に味噌となべを持ってきて磯鍋をしたかった。いい出汁が出そうだったな。
これで2人で35ドルくらいだったと思います。お得!

そしてしばらくのドライブです。そして今日の目的地「アーケイディア国立公園」に着きました。ここはメイン州のバーハーバーという場所にある国立公園です。とはいってもあんまり有名な国立公園ではないんですけどね。この地域といくつかの島で出来ています。船で無人島に行くことも出来るんですよ。

まずはビジターセンターに行ってチケットを購入。園内はドライビングルートがあったのでそこを散策することにしました。植物園やビーチなんかもあって結構楽しめましたよ。
a0040554_12422121.jpg

これはサンダーホールというここの名所です。海岸の岩が浸食されて洞窟みたいな穴が出来たんですけど、ここに大波が来ると大きな水しぶきを上げながらあたかも雷のようなすごい音が聞こえてきます。来ていたアメリカ人の子供たちもおおはしゃぎでしたよ。
a0040554_12442186.jpg

結構標高の高い山もあって、島が一望できました。風が強かったけどすッごくきれいだったな。
a0040554_12454364.jpg


そして晩ご飯の時間になりました。この日は妻が調べてくれたロブスター屋さんがあったのですが、バーハーバーに来る途中ですごく美味しそうなSHACKがあったので急遽予定変更!
「Trenton Bridge Lobster」というお店に行くことにしました!
a0040554_12481515.jpg

1237 Bar Harbor Road, Trenton, Maine 04605; 207-667-2977
http://www.trentonbridgelobster.com/
ここはいわゆる思い描いていたShackだったのです!店頭にはロブスターをゆでるドラム缶みたいな鍋がもくもくと煙を上げていました。この煙にやられました!!
a0040554_12524358.jpg


行ってみたらすごい行列!人気店のようです。
入ったら大きいクーラーがあるので、そこでロブスターを選びます。そうすると番号を渡されて、選んだロブスターが店頭の鍋でゆでられます。その番号を持ってお会計を済ませ、番号を待つとゆでたてのロブスターが味わえるという仕組みです。
そして出てきたのがこんなロブスターちゃんです!
a0040554_12555938.jpg

まずは大きさにビックリ。多分1&1/4パウンドくらいだと思います。つめも身も大きい!天然ものなのか殻もしっかりで硬い!ちょっとロブスターのつめが刺さってしまいましたよ。名誉の負傷です。そして爪の肉をほうばります。んー間違いないです。身もプリプリ。溶かしバターにくぐらせてもよし、そのままでもよし。無我夢中で食べてしまいました。妻のロブスターには卵も入っていて堪能しましたよ。これとコールスローとレモン、バターで2人で45ドルですから安いですよね。NYで食べたらもっと小さいので一人分の値段です。

この日もロブスター三昧でした。シフク。
[PR]

by koolinnyc | 2006-07-18 13:03 | Maine State  

<< メイン州紀行 その3 メイン州紀行 その1 >>