TANG TANG CHINESE NOODLE

今朝たまたま朝の3時に目が覚めてTVをつけると、MTAの人が会見をしていてこれからストに入るというアナウンスをしていました。いよいよです。幸運にも私はマンハッタンに住まわせてもらっているので、朝は早めに家を出て歩いてきました。

しかも今日は華氏22度(摂氏で多分-5度くらい)という寒さでしたので、途中で足が凍りそうになりましたが何とか到着しました。マンハッタン内はNYPD(NY警察)がここぞとばかりに取締りをしています。5th Avenueは封鎖でした。いつまで続くのか不安ですね。

さて、今日は「TANG TANG」というお店をご紹介します。今日のご紹介は特にこのお店が美味しいというわけでないのですが、TAKE OUT事情について書きたいと思います。

a0040554_248341.jpg


アメリカ人で普段何を食べているのか、すごく不思議に思っていました。日本ならご飯主体でカレーみたいなものもあるし、焼き魚もあるし。でもアメリカ料理っていまいちニュアンスがつかみにくいですよね。どうも生活をしてみて分かりましたが、彼らはほとんど料理を家でつくっていないようです。自炊しても冷凍食品をオーブンで焼くくらいみたいです。

ではどうしているのかということになりますが、Take Out(アメリカではTo Goと言うことが多いです。)をよく利用しているようです。それで何をTake Outしているのかというと、ピザやチャイニーズが多いみたいなのです。うちのアパートにもよく、ピザやチャイニーズのデリバリーマンが来ています。

Take Outには2つの方法があって、1つはお店のレジで注文して出来上がりを待って自分で家まで持っていく。2つめは、電話で注文してデリバリーをしてもらう。デリバリーを頼む場合はデリバリーマンにTIPを払う必要があります。店内で食べると15%程度のTIPの支払が必要になりますが、1つめの方法はTIPが不要なのです!なので自分で買うときには1つ目の方法で買うことが多いです。

今回は、76丁目の3rd Avenue沿いにあるこのお店で買ってみました!

いつもは”○×炒め”というようなメニューを選ぶのですが、今回は初めて麺と水餃子に挑戦してみました。値段は両方で$8くらいです。激安!!オーダーしてお店で待っていると、こんな感じで出てきます。

a0040554_302693.jpg


中はこんな感じで入っています。日本の100円ショップで売っているようなパックに入っていることも多いです。そして必ず、醤油、ダックソース、辛子の3つとフォーチュンクッキーが入っています。フォーチュンクッキーって分かりますかね?クッキーの中に占いが書いてある紙が入っているものです。自分は昔は知らなくて変なものが入ってるなと思いつつ、この紙ごと食べてしまった苦い思い出があり、それ以来イメージが悪く絶対に食べません。

a0040554_311223.jpg


このままでは味気ないので、食器に移すとこんなかんじ。量が少ないかなと思っていましたが、器に移すとボーンとすごい量であることに気づき後悔。。。

a0040554_352848.jpg


食べてみると、、、、んー、、、麺はTake Outしない方がいいですね。なんともいえない伸び切ったグニャっとした麺のかみごたえですね。炒め物を頼んだ方が良かった。はっきり言って失敗でした。水餃子の方はまあまあですかね。

そういえば、NYエリアのマクドナルド等のファーストフードの店舗数の合計よりも中華料理のお店の総数の方が上回っていたというニュースを先日見ました。それくらい中華料理はNYの家庭に浸透しているのですね。VIVA CHINA!

☆場所
Tang Tang

1328 3rd Ave(at 76th Street),
New York, NY 10021
Phone 212-249-2102
[PR]

by koolinnyc | 2005-12-21 03:13 | NY Restaurant  

<< PETER LUGER STE... BLOOMING DALES >>