「ほっ」と。キャンペーン

SOUTH ITALY TRIP #1

先日長期の休みが取れることになり、どこかに行こうかということになりました。日本にいるとあまり行けないようなところがいいな!ということになり相談していたのですけど、妻のお友達の話でとても興味がそそられた南イタリアに行ってみようということになりました。

南イタリアは危ないという噂を聞いていましたので実はちょっと迷ったのですが、よくよく調べてみるとすごく良さそう。飛行機とホテルを自分たちで取って、手作りの南イタリア旅行となりました。

飛行機はデルタを取ったのですが、ラッキー!アリタリア航空の共同運航便でした。アリタリア航空はご飯も美味しいし、ワインも常に後ろの棚においてあります。JFKよりミラノ経由でローマに向かいます。
a0040554_3525210.jpg

ローマ空港について、ローマ中央駅に行って、ユーロスターに乗って最初の目的地ナポリに向かいます。ユーロスターはきれいで快適です!
a0040554_356492.jpg

そしてようやくナポリ駅に到着です!ナポリ駅の周辺はかなりゴミゴミしていてお世辞にもきれいとはいえませんが、NYで汚いのには慣れているので本で読んだほど酷いという印象はありませんでした。荒い運転の車やタクシーがブンブン通っていてちょっと危ない感じはありましたね。

一応貴重品類はひったくられないように十二分の気配りをしながら、ホテルのあるサンタルチア地区にバスで向かいました。

プレビシート広場で降りて、ホテルのあるキアイア通りに向かいます。
a0040554_422891.jpg

ナポリ滞在中のホテルは妻がWebで見つけたデザイナーズホテルのmh Design Hotelです!Offシーズンなので1泊120ユーロくらいでした。すごくきれいで朝食つき。おすすめです。
a0040554_44311.jpg

 MH Design Hotel
Via Chiaia, 245
  Napoli, 80121
    0039-081-19571576
ベッドも広くて、テレビも薄型のテレビ。Internetも使えます。
a0040554_453612.jpg

バスルームも広くてきれい。ちょっと使いにくいのはありますが、シャワールームもあっていいですよ。
a0040554_47936.jpg

ホテルに着いたのも夕方でしたので、ちょっとホテルで休んでDinnerに向かうことにしました。
イタリアは1週間のお店の営業時間数が決まっているらしく、レストランは夜の7時半とか8時からオープンする店がほとんど。この日にいこうと思っていたレストランも7時半オープンでしたので、お店に行って席だけを予約してちょっと街をぷらぷらしてみました。

ウンベルト1世のガレリアです。19世紀に建てられたそうで、アーケードになっています。しかしイタリアはどこでもすごく建物が芸術的な気がしますねー。
a0040554_4115842.jpg

街の洋服屋さんもデザイン性が高い!そして紳士服の店も多い。街にちょいわるオヤジがあふれているわけです。

そんなこんなで7時半になりましたので、レストランに向かいました。今日のレストランは、ピザマルゲリータを初めて作ったといわれるピッツェリア「Brandi」です。
a0040554_4154894.jpg

Brandi
Salita S. Anna di Palazzo 1-2
Phone: 081-416928
このお店は観光客にも人気のお店です。予約したから良かったですが、お客さんがいっぱいですぐにテーブルが埋まってしまいました。店員の人も気さくでいい感じ。
a0040554_4181969.jpg

まずはワインですよね!ハウスワインの白のハーフボトルを頼みました。IGTクラスのワインでしたが、結構いける味のワインでしたよ。
a0040554_4193215.jpg

そしてメニューです。この日は胃も疲れていたので少なめに。まずはカプレーゼです。食べてビックリ。シンプルなのですけど、トマトもチーズもアメリカのものとは比較にならないくらい美味しいのです!またバジルと一緒に食べるとおもわず微笑んでしまいますよ。
a0040554_4212922.jpg

そしてピザマルゲリータです。これもトマトペーストとモツァレラとバジルをのせたピザですが、何なんだ?むちゃくちゃ美味しい。やっぱり決め手は多分トマト。断然甘くて味が濃いのです。
a0040554_4243571.jpg

僕は生ビールも試してみました。モレッティです。イタリアのビールって薄いイメージがありましたけど、けっこうコクがあってまろみがありました。
a0040554_427550.jpg

会計を終えて、下に行くとWaitingの列でしたよ。流行ってますね。安いですし。

こうして一日目が過ぎて行ったのでした。
[PR]

# by koolinnyc | 2007-12-16 04:30 | Italy  

DEBASAKI RESTAURANT

きのうのツリーの点灯式テレビで見ましたが、きれいでしたね。今日、たまたま前を通る機会があったので見たのですが、きれいでしたよー。忙しくて写真を撮る暇がなかったのですが、こんど機会があったら撮りますね。

今年のツリーの電飾は発光ダイオードを使用しているそうで、前年の35%の電力で輝くのだそうです。京都議定書にサインをしていないアメリカなのですが、エコロジーを考えてくれていていい傾向ですね。ただ、そういう情報が頭にインプットされてしまったからなのか、去年よりもちょっと暗く感じました。昼間だったからでしょうか?

いずれにしてもすごく楽しみな企画です。しばらく楽しめます。

私事でなんですが、ちょっと今気が引き締まっています。仕事でとある事があり、ますます自分の力が試される事となりました。英語がまだまだですが、せっかくのいい機会なので現地の人と今まで以上に話す機会も多くしようと思っています。本当に悔しい事なのですが、英語がうまくしゃべれないとアメリカのビジネスマンはその人は学がないと判断するような傾向があります。これで来たばかりの頃はかなり悔しい思いをしました。ちきしょー、こいつら日本語一言もしゃべれないくせにーって何回も思いましたね。

今は開き直ったのもあって昔ほど悔しい思いをする事はありませんが、やっぱり突然のパーティーでの英語の挨拶を求められた時とか、アメリカ人だけのMeetingに入らされた時は僕はあがり症なのもあってドギマギしますね。んー、小心者です。

この一年で英語スキルアップしたいです!

さて今日は最近Flushing地区にできた手羽先のお店「Debasaki Restaurant」について書きたいと思います。

Flushingは以前にも何件か紹介した事がありますが、台湾系のChineseと韓国人の多く住む場所です。ほんとうにこのエリアは、漢字とハングル文字をよく目にしますので、アジアにいるみたいです。このエリアにあるMain Streetを通りNorthern Blvdを越えた方に最近名古屋風の手羽先店ができました!

非常におしゃれな店内でまるでクラブのようです。また清潔感あふれる店内なので、主に手羽先を食べながらお酒を飲むバー感覚での利用が多いみたい。またChineseやKoreanは既に2ndか3rd Generationのため、見た目はアジア人でも中身はアメリカ人ですので、そういう人をターゲットにしたおしゃれなお店もいっぱいあるんですよ、実はこの辺。
a0040554_8572581.jpg

a0040554_857402.jpg

このお店のオーナーはアルゼンチン育ちの韓国人。なので話せるのは英語・韓国語・そしてスペイン語というトリリンガルです。でも日本の名古屋にもしばらくいたそうで、その時の手羽先の味が忘れられなくてNYにこの店を出そうと思ったらしいですよ。何でもその時に日本の人にすごく親切にしてもらったそうで、日本が大好きなんだそうです。それで話しかけてもらいました。

とりあえず手羽先をオーダ-。4種類味がありますよ。実は韓国人の経営ということで手羽先の味をかなりなめていました。ところが、うまいのです!特にノーマルの手羽先は名古屋の手羽先に引けをとりません。すごい。そして懐かしい。
a0040554_94877.jpg

手が汚れた時用に、ウェットティッシュも完備。こういう至れり尽くせりなのはアメリカではあまりないので、これも心地いい。

また韓国料理も一通り揃っているので、ぴりからさも手伝ってビールも進んでしまいました。

値段も高くないので、これから年末パーティーでも重宝しそうなお店でした。

☆場所
Debasaki Restaurant

33-67 Farrington Street,
Flushing, NY 11354
Phone: 718-886-6878
www.debasaki.com
[PR]

# by koolinnyc | 2007-11-30 09:14 | NY Restaurant  

THE WATER CLUB

今日はロックフェラーセンターのツリーの点灯式。サンクスギビングデーの夜には既にサンタクロースがらみの映画がたくさんやっていて、なんだよもうアメリカ人はクリスマス気分なのか!と思っていましたが、これで僕も本格的にクリスマス気分全開になれます!

道端のツリーの木の露店も出始めましたよ。今年は早めに小さくてかわいい木を買おうかと思います。

話は変わりますが、この間実家の姪っ子と話をしてましたら、次のような事を言っていました。

「このあいださー、こたつで寝てて起きたら隣でお兄ちゃん(私のことです)が座ってたんだよねー。あれは確かにお兄ちゃんだったからさー、帰ってきたんだと思ったんだよねー。でも違ったみたい。」

すごく怖くありませんか?これってドッペンゲルガーっていうのでしたっけ?もしかしたら僕とそっくりの分身が日本をうろついてるのかも?この人と会うと死んでしまうんですよね、確か。背筋がゾッとしました。

まあ僕に似た人はけっこう多くて、こないだもコリアンタウンの豆腐がおいしいお店(名前忘れました)で僕そっくりの人がウェイターをしていたそうです。微妙。。。。

さて今日はManhattanの眺めのいいレストランとして有名なThe Water Clubについて書きたいと思います。
a0040554_8424372.jpg

NYの眺めがいいレストランと言うと以前ご紹介したRiver Cafeが断然有名ですけど、あそこはBrooklynにあるので旅行者ですとちょっと行くのに勇気がいりますよね。時間もかかりますし。でもこのRestaurantは30丁目のEast River沿いにあるので、比較的行きやすい場所にあります。

ただ電車で行こうとすると、ちょっとめんどくさいです。East EndのFDR Driveという高速の下を渡るのが非常に面倒なので、一番いいのはタクシーに乗って普通のようにクロスストリートを伝えるのではなくて「Go to the Water Club Restaurant, please!」というのが一番楽です。かなり有名なレストランなので、大概のタクシーの運ちゃんは知っています。

外にはクルーザーが並んでいてマリーナのよう。そして店内に入ります。店内にはピアノがおいてあるWaiting Barがあってムードもばっちり。丁度僕が行った時は生演奏をひいていました。贅沢な気分になりますね。

そして予約してある旨を伝えるとにこやかに席に案内してくれました。眺めも結構いいですよ。残念だったのが僕が行った時は曇りだったことです。これが晴れてればもっときれいかもしれませんね。
a0040554_8504587.jpg

ワインはオーストリアのグリューナー・フェルトリナーをボトルでたのみました。この白ワインはキリッとしていてすごくすっきりと飲めるワインですよ。

シーフードが有名なので、生牡蠣とコンソメスープをオーダーしました。アペをついつい食べ過ぎてしまうとアントレにひびきますので、軽めに!が日本人には基本です。生牡蠣はやっぱりおいしいですよね。
a0040554_8524143.jpg

そしてメイン。チキンとサーモンです。見た目以上に味がおいしかったですよ!
a0040554_856794.jpg

a0040554_8562150.jpg

やっぱりアントレを少なめにしておいてよかった。デザートの分もおなかを空けないとですからね。
a0040554_8571041.jpg

a0040554_8572135.jpg

周りはカップルが断然多かったですけど、会社関係と思われるDinnerなども多かったです。またサービススタッフの対応も非常によかったのが印象的でした。ワインもちょっとグラスが空くとすぐに注ぎに来てくれますし。これってやっぱりうれしいサービスです。

誰か日本から来た時にでも連れて行ったら喜んでくれそうなレストランでした。

☆場所
The Water Club

500 E 30th Street
New York, NY 10016
Phone: (212) 683-3333
http://www.thewaterclub.com/
[PR]

# by koolinnyc | 2007-11-29 09:02 | NY Restaurant  

TIA POL

NYもようやく寒くなってきて、時間も冬時間になって、冬に向けて準備万端です!朝、家を出た時のキリッと冷えた空気を吸うと、シャキっと身が引き締まる気がします。これもNYの魅力ですね。

こんな生半可なことを言っていられるのは今のうちで、これから極寒の冬になるわけですが、街は12月のクリスマスに向けて盛り上がってきています。先日、妻と会社帰りにBroadway MusicalのManma Mia!を見に行ったのですが(すごく面白かった!)、その途中で既にクリスマスのデコレーションがされているところがあって、すごくきれいでした。これからもっときれいになっていきますね。

ところが最近のNYのホテルは異常に高い。観光客にとっては痛いですよね。Manhattanでは安くても1泊300ドルは覚悟。ちょっと名の知れたホテルでは500ドル以上になってしまいます。これからManhattan内で9000室増える予定があるそうですけど、それでもホテル料金が安くはならないのでしょうね。高級コンドミニアムやホテルらしきものがいっぱい建ってきています。この10年で大分NYの風景も変わりそうです。

さて今日はNYでも流行ってきているSpanish Tapas Barの「Tia Pol」について書きたいと思います。日本でも流行ってるんですよね、確か。「居酒屋 天」のとなりです。
a0040554_9374758.jpg

ここは場所的にはMeet Packingから10th Avenueを北にあがったところにあります。決して治安のいい場所ではありませんが、若者に人気のあるクラブやレストランなどが立ち並んできています。

店内は奥に細長いつくりになっています。手前はBarで奥にテーブルがあります。席数も少ないこじんまりとした店です。壁のブリックが味わいを出してますよねー。いい雰囲気。
a0040554_941174.jpg

やっぱりここに来るとピッチャーサングリアをたのみたくなってしまう。。。僕は大きいのがすきなのです。ビールも大ジョッキ、サングリアはピッチャーで!角切りのフルーツが漬け込んであるので、これを食べるのも行儀悪いかもしれないけど好きです。

ちなみにワインも手頃なのが揃ってますよ。迷っているとボトルを持ってきてくれて、ラベルを見せながら説明してくれます。ということでワインもたのんでしまったのがばれてしまいました。

料理もエビをソテーしたものや、サラミ・生ハムなどおつまみにぴったりの料理がたくさん!味もすごくおいしいですよ。友達とワイワイ ガヤガヤしたいときに最高です。
a0040554_9435488.jpg
a0040554_944455.jpg


小さいお店なので大人数には不向きですが、4人くらいで集まるにはもってこいのお店ですね。

☆場所
Tia Pol

205 10th Ave(@23rd Street)
New York, NY 10011-4719
Phone: (212) 675-8805
http://tiapol.com/
[PR]

# by koolinnyc | 2007-11-08 09:48 | NY Restaurant  

FINANCIER

NYを歩いていると、犬の散歩をしている人を本当によく見かけます。うちはオーナーさんとの契約で残念ながら認められていないので飼えませんが、飼っている人もすごく多いのです。犬もみんなおとなしくて、お行儀がいいのにもすごく驚きます。みんなおりこうに散歩しています。

それもそのはず。間違えて誰かを傷つけてしまったり、他の犬を怪我させてしまったりした時には訴えられて高い賠償金を払わなくてはいけない可能性があるので、犬のしつけ教室に通わせたりするのです。家の近くにもDoggy gymがありますよ。

また当たり前なんですけど、交通機関も結構厳しいのです。地下鉄やバスは盲導犬などは別なんでしょうけど、基本的に動物用のバッグに入れないといけません。でもタクシーは運転手の判断で大丈夫みたい。たまにイエローキャブから大きい犬が出てきたりしてビックリすることがあります。

そして公園もDog Runのあるところ以外では基本的にヒモをつながなくてはいけません。罰金が課せられます。セントラルパークも朝の一定の時間はヒモでつながなくても大丈夫ですが、その時間を過ぎると罰金!みんなわきまえているようで、それとなくその時間になるとヒモをつないでいます。

しかし、犬ってなんで形も大きさもあんなに違うのにお互いのことが分かるのでしょうか?不思議ですね。

さて今日はWall街のあたりにある妻のお気に入りのカフェ「Financier(フィナンシェ)」について書きたいと思います。
a0040554_8242948.jpg

Wall街はManhattan島の一番南の方にあります。Ground Zeroもすぐ近くです。このあたりって正直いいお店が少なくて、食事をするのもちょっと困ります。なぜかというと昼でこそWall街で働く銀行・証券マンの人でいっぱいになりますが、夜は人通りが少ない、というか夜のWall街はちょっと危ないので観光客は歩いてはいけませんといわれているくらいです。そのため商売が難しいのでしょう。

そんな中ですが、結構レストランが集まっている場所もあります。その一角にこのお店もあります。店内は明るくて可愛いお店ですよ。
a0040554_831269.jpg

ここの名物はその名の通り「フィナンシェ」というお菓子です!ここのうれしいのはコーヒーなどをたのむとフィナンシェが1つついてくるところ。おみやげ用にこんなBOXも売られています。すごくおいしい上に値段も本当にお手頃なのでみんなに試してもらいたいな。
a0040554_8333349.jpg

もちろんケーキなどのデザートも揃ってますよー。
a0040554_8352650.jpg

わたしたちは休みの日に行ったのですいていましたけど、平日はビジネスマンの束の間のブレイクの場として、そしてサンドウィッチなどのランチもそろっているので、ランチの場としても人気のお店のようです!

これからの季節、自由の女神を見たあとに暖をとるお店としても使えそうですね。

☆場所
Financier -patisserie-

62 Stone Street,
New York, NY 10004
phone: 212-344-5600
www.financierpastries.com
[PR]

# by koolinnyc | 2007-11-04 08:41 | NY Restaurant  

BREAD TRIBECA

もうすぐハロウィンなので、街中は変な仮装をした人たちがあるいています。ハロウィンはなんであーいう格好をするのかは不明です。11月1日が死者がよみがえる日みたいなのがあるらしく、それを追い払うか何かのために、レストランや庭などはパンプキンと骸骨を置いたり、くもの巣風のデコレーションをしたりしてちょっと怖い雰囲気にしています。日本で言うとお盆でしょうか?

それにちなんでか、TVでは最近ホラー映画を頻繁にやっています。日本人の感覚からすると怖い話は夏の定番ですけど、アメリカ人やヨーロッパ系の人にとってはハロウィンの時が怖い話をする定番なんですね。

家の妻がアメリカ人のおばあちゃんと話をした時に、何でアメリカ人はハロウィンの時に怖い話をするのか?と先日きいてみたそうです。そしたら日本人はいつ怖い話をするの?と聞かれて、夏が定番ですと答えたらすごく不思議な顔をされて、どうして?と聞かれたそうです。それで、夏は暑いから怖い話をしたり映画を見たりして涼しくなるんだよと答えたら、結構ウケていたそうです。僕たちの方が変なのでしょうか?

さて、今日はTribecaにある有名なイタリアンのお店「Bread Tribeca」について書きたいと思います。TribecaでもCanal Streetに近いほうにあります。
a0040554_1583341.jpg

Tribecaって、Wall街に比較的近いし結構家賃も高いので、NOBUやMEGU、Bouleyなど高級店がたくさんあります。そうお金持ちが多いのです!また見た感じヨーロッパ系の人が多く歩いている気がします。そしてブランドショップも最近結構見かけます。お洒落な人も結構多い場所です。

そういった場所にあるのですが、このお店も多分元はレストランではなかったのでしょう。店内に入ると天井が高くてあまり仕切りのないオープンな感じにびっくりします。
a0040554_22310.jpg

受付でにこやかな女性が席へと案内してくれます。この日は別の席で、妊娠している女性の友達が出産を前祝するベイビー・シャワー・パーティーをやっていたようで、奥の席は女性で賑わっていました。

まずはワイン!ワインの品揃えもけっこう手頃なものが多くて驚きます。まずはスパークリングワインをオーダーして乾杯です。

前にも一度来たことがあったのですけど、料理がすごく美味しい上に、おもったよりも値段がリーズナブル!今日は数人で集まったので、何品かオーダーしてシェアすることにしました。

まずはオクトパスです。とってもやわらかくて、もっと食べたいと思った料理でしたよ!
a0040554_273382.jpg

これは最近僕がはまっているアルグラ(ルッコラ)のサラダです。アルグラのあの後に残るほろ苦い味が最近むしょうに好きなのです。
a0040554_2102229.jpg

フライドカラマリ(イカ)です。結構お洒落に出てきますし、お酒のおつまみに最高ですね!
a0040554_2111217.jpg

そしてピザです。薄い生地のピザにはやはりシンプルなトッピングが相性がいいと思います。
a0040554_2121770.jpg


実はもう一本ワインも別に楽しんでしまって話に花が咲きました。

お会計も思うよりも比較的お手頃で、よかった。

くつろいだ雰囲気で、ゆったりと話をしたいときにとてもいいお店です。

☆場所
Bread Tribeca
301 Church St (@Walker street)
New York, NY 10013-2403
Phone: (212) 334-8282
http://newyork.citysearch.com/profile/38055715/?brand=smx_restaurant-nc
[PR]

# by koolinnyc | 2007-10-29 02:19 | NY Restaurant  

BREAD

NYに住んで丸3年が過ぎて大分NYにというかアメリカに馴染みきっている私なのですが、それでもできないことがあります。それは、こっちのタマゴを生で食べること。やっぱりお腹をこわすのがこわくて、生でたべるのはちょっと躊躇します。

日本に帰ったときにまずしたかったのが、タマゴかけごはん。あったかいごはんに新鮮な生卵を割って、醤油をかけてまぜる。そしてほうばる。書いてるだけでおいしそうです。

でもデータで見てみると、日本は100万分の1の確立でタマゴに当たるらしいのが、アメリカでは10万分の1の確立で当たるらしい。ということは、あんまりかわらないということです。

実際、けっこうこっちの長い人は平気で生卵を食べています。僕の中で、この人はアメリカにすっかり馴染んでるなーという判断基準のひとつがここなのです。結構当たってる気がしますが、いかがでしょう?

さて今日はNOLITA(North of Little Italy)にあるBREADというお店について書きたいと思います。
a0040554_1215048.jpg

この店は知人に教えてもらったお店ですけど、Paniniの美味しいお店なのだそうです。さすが名前の通りBreadですね!

店内はホントにイタリアのカフェっぽい感じです。行ったことないですけど。でもちょっとお洒落で、コーヒーを飲みながら午後のひと時を楽しんでいる人でいっぱいです。またお洒落系の人が多かった。
a0040554_127024.jpg

本当はPaniniを食べたかったけど、この時はお腹がいっぱいだったのでティラミスをオーダーしたのですが、残念ながら売り切れ! しょうがないので、チーズケーキをたのむことにしました。
そして妻はカフェラテをたのみました。
a0040554_12101633.jpg

チーズケーキはもちろんコッテリ系の美味しいチーズケーキでした!その上フルーツがたっぷり。お得な感じです。
またかわいかったのがカフェラテ。何かの瓶なのかな、この形。こういう気取ってない感じが、またものすごくお洒落な感じがします。量もタップリで、しかもなんだか超美味しい。かすかに何かのフレーバーがしていて、これがイタリアのカフェなのかな?

本当にパニーニが食べられなかったのが残念でしたけど、また行く機会があれば食べてみたいですね。

☆場所
Bread

20 Spring St, (bet Elizabeth & Mott Sts)
New York, NY 10012
Phone: (212) 334-1015
http://nymag.com/listings/restaurant/bread/
[PR]

# by koolinnyc | 2007-10-25 12:22 | NY Restaurant  

SHAKE SHACK

アメリカの謎の一つに洋服の大きさがあります。イメージ的にアメリカ人って大きいイメージがあるし実際日本人の想像以上に大きい人が多いのは事実ですけど、街中ではけっこう小さい人を見かけます。ところが、デパートや洋服屋さんに行くと小さい服があんまりないのです!

僕は体格がアメリカサイズなのでいいのですが、妻がかなり文句を言っています。なぜか小さい服はないですし、あってもすぐに売切れてしまっています。

そうなのです。アメリカは体格が大きい人に優遇された国なのです。絶対に比率的に体格のいい人の服が多い傾向にあります。

その原因は何なのか?と、このあいだぼーっと通勤電車の中で考えていたら、分かりました。アメリカの太っている人は傾向的に貧しい人が多いのです。これはデータで証明されています。安くて栄養価の高いハンバーガーやピザなどを毎日食べている人が貧困層に多いので太ってしまうわけです。

そういう人はどこで洋服を買うかというと、既製品の安い服。一方、ボーナスを何億円ともらうWall街のお金持ちの人はオーダーメイドや超高級服店。なるほど、既製品の服はある一定以下の人たちをターゲットに作っているのですね。日本では貧富の差があまり少ないので、分かりにくい構図です。

そうそう人間って年収何億円かの高収入になると、全てのものがただに感じられてくるそうです。うらやましい。でもそういう人たちがうようよするManhattanですから、そういう仕分けができるんですね。

さて、今日の一言はこれくらいにして今日の話題「Shake Shack」について書こうと思います。
a0040554_12225615.jpg

ここのお店は、お店というかお店でないというか。。。というのもMadion Square Parkという公園のなかにあるハンバーガー屋さんなのです。

というわけで、席は全て外の席です。なので、寒い冬は閉まってしまいます、多分。いわば季節限定のハンバーガー屋さんです。

そう聞くとあまり味はたいしたことがないのかなー?と思ってしまいますけど、すごく美味しいらしい!期待を膨らませて並ぶことにしました。午前11時くらいに行ったので、まだ列が長くなかった。ラッキー♪普通は1時間くらい並ぶこともざらでないようです。

ようやくオーダーになりました。僕たちは、Shackburger($4.75)とDouble Shackburger($7.00)とポテト、そしてArnold Parmerという飲み物をオーダー。Arnold Parmerってレモネードアイスティーのことみたいです。ちょっとお洒落ですね。ポケベルみたいのを渡されて、待ちます。

そしてようやくできました!おいしそうでしょ。
a0040554_12314150.jpg

そしてこちらがDouble Shackburgerです!
a0040554_12324527.jpg

個人的な感想ですけど、NYにきて一番美味しいと思ったハンバーガーでした。パンも柔らかくて、肉も香ばしくて美味しい。あと野菜もシャキシャキです。

こんな美味しいハンバーガーをこんな気持ちいい空間の中で食べられるって、ある意味贅沢かも。気持ちいい、日曜日のブランチです。
a0040554_1130321.jpg

またここは夜も夏は11時くらいまでやってるし、しかもお酒も販売されています!難点は、トイレがないこと。だからMidTownに泊まることができれば、ここでビヤガーデン気分をこころおきなく楽しめる。ステキです。

もう一回、ここのハンバーガーを食べたいって書きながら思ってしまうお店でした。

この日は、Lower East Sideでイタリア人街のFestaの日でしたので、遊びに行ってみました。すごく賑やかなFestaでした。
a0040554_1240153.jpg

ヘビ女という見世物小屋があったので、1ドルはらって見に行ったらインチキでした。思わず苦笑してしまいました。こういうインチキな感じもイタリアっぽくて面白いですね。

☆場所
Shake Shack
Southeast corner of Madison Square Park,
near Madison Ave. and E.23rd St.
Phone 212-889-6600

http://shakeshacknyc.com/index.html
[PR]

# by koolinnyc | 2007-10-24 12:42 | NY Restaurant  

ABBOTT'S LOBSTER IN THE ROUGH

ここのところ、また忙しかった。でも充実してました。ここでちょこっと一息つけそうなので、ブログを再開しましょう!

けっこうこつこつとネタはためていましたので。。。。

今日は夏のとある週末に出かけたコネチカットのロブスターのお店「Abbott's」について書こうと思います!コネチカットのミスティックという場所にあります。Manhattanから車で2時間程度でしょうか?
a0040554_1112481.jpg

やっぱり去年行ったメイン州のロブスターは格別ですけど、ここのロブスターも美味しいと聞いてワクワク。ロブスターって ただ聞いただけだと、「ふうん。おいしそうだね。」という味気ないこたえが返ってくることが多いですが、僕はそんな人に是非ロブスターを1匹食べる感動を味わっていただきたい!あ、つい熱くなってしまいました!

この日もたくさんの人でいっぱいです!僕たちもさっそうと列に並びました。
a0040554_1117039.jpg

列に並びながら、今日は何パウンドのロブスターを食べようかと迷いましたが、僕は1.5lbで妻は1.25lbのロブスターディナーにすることにしました。ちょっと贅沢ですかね?窓口でオーダーをします。メニューはロブスター以外にイカフライなど種類は豊富です。

オーダーが終わると、室内に入って注文カードを渡します。そこでオーダーした大きさのロブスターがボイルされます。室内は待っている人たちでいっぱいです。
a0040554_1122983.jpg

約15分たつと僕たちの番号が呼ばれました。やったー!

外にもテントがあったので、そちらで食べることにしました。これがロブスターです。いい色。そしていい香りです。食欲がそそられます。
a0040554_11234863.jpg

すみません、もっと近寄ってドドーン。しつこいですか?
a0040554_11242715.jpg

では、温かいうちに。。。

殻も思ったより硬くて、これは意外と天然ものかもしれません。爪の部分、しっぽの部分、胴の中もミソがタップリ。美味しいね、美味しいねといいながら至福の瞬間を過ごしました。やっぱり、改めて思います。丸ごと一匹ロブスターは、最高です。

おなかも満腹になり、ちょっと海岸へ。海岸もきれいに晴れ渡って、とてもきれい。家族連れで海を眺めている人たちも多かった。
a0040554_112834.jpg

海辺には、ロブスター漁で使われる網カゴが置いてありました。今日のロブスターも、こういう網でとったのでしょう。
a0040554_11332974.jpg

07年の夏はメイン州に行くことは出来ませんでしたが、ロブスターはちゃんと堪能できました。

☆場所
Abbott's Lobster in the Rough

117 Pearl Street,
Noank, CT 06355
Phone: 860-536-7719
www.abbotts-lobster.com
[PR]

# by koolinnyc | 2007-10-09 11:35 | NY郊外  

CORNEY ISLANDS

ドレスコード。いつもはかなり気が抜けた服装をしているアメリカ社会ですが、ここぞというときにはTPOに合わせた服装をすることがしばしば求められます。よく高級レストランで、ジャケット着用なんていうのを目にしますね。

僕もこれがよく分からなくて何度も失敗しましたけど、大まかに以下のように分類されるようです。

カジュアル       ・・・・・ 何でもいい。
ビジネスカジュアル  ・・・・・ 襟付きのシャツ、布のズボン、革靴、できればジャケット
フォーマル       ・・・・・ 要ネクタイ

これがベースに更に細分化されるようですが、今は何かあるときには無難にスーツで行くことにしています。

ところが、先日とあるパーティーに出席することになりました。Gala Partyといわれる豪華なパーティーみたいです。そのドレスコードがBlack Tie。黒いネクタイで行くのかなと思っていましたら前日になって、Black Tieとは要タキシード着用ということが発覚。そしてGala Dinnerといわれるパーティーに参加の際には、自動的にBlack Tieということも発覚。もちろんタキシードなんて持っていません。まあ人生においてタキシードを購入するというのもいい経験だと思い、急いで近所の服屋さんに買いに行きました。

そして当日はNYの超老舗&豪華ホテルのWaldorf Astria HotelでGala Dinnerが開かれました。会場に入るとその会の演出でレッドカーペットで、カメラマンたちがフラッシュをパシャパシャたいてセレブ気分です。かなり照れくさい。そしてホントに皆タキシードときれいなイブニングドレスで豪華な雰囲気でした。いい経験でした。天使にラブソングをでお馴染みのウーピーがサプライズゲストで登場。あの映画で歌ったゴスペルを披露してくれました!

しかし、Dress Codeは日本人にとってなかなかの曲者ですね。

さて今日は先日惜しまれながらもクローズしてしまった、Corney Islandについて書きたいと思います。マンハッタンからもF Trainとかで1時間くらいでいけます。
a0040554_2382884.jpg

駅を下りてまず目につくのが、Corney Island名物のホットドックのお店ネイサンズです。
a0040554_23112272.jpg

独立記念日にホットドック早食いコンテストが開かれるのがここコニーアイランドなんです。今年惜しくも負けてしまった小林さんはアメリカの英雄。この看板の前でみんなカメラをとっていましたよ。
a0040554_239549.jpg

まずはここでホットドックを食べよう!ということで列に並びました。みんな目的は同じで、列はすごい熱気でした!
a0040554_23105199.jpg

となりにあるベンチでランチです!パンもよくあたたまっていて、ここで食べるホットドックはやっぱり何かが違います。大きいホットドックも今ではペロリです。そしてポテトをつまみながらアメリカっぽいランチだなーと感慨に浸っていたのでした。
a0040554_23142771.jpg

やば、ちょっと食べ過ぎたかなと思いつつも遊園地の方に向かいました。この名物遊園地が閉園になってカジノホテルが跡地にできるみたいです。でも行ってみて分かりました。ホントさびれていて、昔のレトロな雰囲気が伝わってきます。

とりあえず今日の目的の一つである観覧車にのることにしました。この観覧車ワンダーホイールは普通にまわる車両もあるのですが、ホイールになっていて車両がグルグルと動く所もあります。タダでさえおんぼろの観覧車なので僕たちは普通の方に乗りましたが、怖いもの大好きのアメリカ人はホイールの方に乗っていましたよ!
a0040554_23162672.jpg

眺めが最高!延々と続く海岸も見えて、夏の終わりのコニーアイランドの絶景を楽しむことができました。

次はおんぼろお化け屋敷です。おんぼろで、明らかに何か出そうなのは分かるのですが、実は僕はお化け関係が苦手でぎゃーぎゃーわめいてました。
a0040554_23235216.jpg

今度はとなりのセクションに行きました。こっちは子供が遊ぶそうなアトラクションが豊富です。
a0040554_23282847.jpg

クラシックなメリーゴーランド。子供たちが楽しそうにしています。
a0040554_23382525.jpg

アメリカっぽいバイクのメリーゴーランドです。イカシテマスね。昔の日本の数取団みたいですね。ブン、ブン、ブブブン!
a0040554_2330539.jpg

ウォーターライダー!みんな信じられないくらいにびしょぬれになります。でも気持ちよかった!
a0040554_2331638.jpg

07年8月最後の日曜日のコニーアイランドは、笑いでいっぱいでした。来年は今年とは大分違う印象のコニーアイランドになると思いますが、本当に今年のうちにココにいけてよかった。古きよきアメリカを体験できました!
a0040554_23374645.jpg

[PR]

# by koolinnyc | 2007-09-16 23:33 | NY郊外